イギリスの食べ物

「イギリス」について話すとき、まず真っ先に「料理がまずいよね。」と、多くの人が言います。ポールはそう言われていつも憤慨していますが、フィッシュ&チッブスに代表されるイギリス料理は、確かにゆっくり味わって食べるというよりは、酢を思いっきりかけてガツガツ食べる・・・イメージがあります。

味付けも極めて大胆。ポテトやグリーンピースが「食ってみろ~!」という感じでお皿に盛られ、見た目も大雑把。味わう、というよりは、「いかに空腹を満たすか」ということに重きを置いているようです。
サンドイッチも特大サイズ。

でも、決して「まずい」ということはありません。と~ってもおいしいです。
味のことを論じる類の料理ではないとは思いますが。。。
初日に食べた「ケイジャンチキンサンド」は激ウマでした。思い出しちゃった。あ~、また食べた~い!