イギリス人にとっての犬

イギリス人にとって犬は、心から愛すべき動物のようです。

以前イギリスを旅行していたとき、日本人ガイドさんから教えられました。
「日本人にとっての犬は、ペット。ヨーロッパ人にとっての犬は、家族であり友達」と。
まさに人間と同じです。

イギリスには、動物を保護する法律があって、動物の虐待で罰せられると、二度と動物を飼うことはできなくなるそうです。(ポールの故郷ダービー近くの町では、動物実験に使われているネズミたちを助けるために研究所のあるビルが爆破され、その研究所が閉鎖に追い込まれたこともあるそう。)子供の虐待で罰せられても二度と子供を持つことが許されない、という法律はないため、イギリスでこの動物保護の法律ができたときには、他のヨーロッパ諸国からは「考えられない」とあきれられた程だとか。

ポールはよく、『結婚して、家を買って、子供がいて、犬がいる、というごく普通の生活』という表現をします。その度にいつも私は、『犬がいて』という部分がどうしても引っかかっていました。ポールは特別犬好きと言うわけでもないのに、必ず、家庭を持って落ち着く・・・という話になると、その中に「犬」が出てきます。「何故?!」と思っていたら、ポールの友達も同じような話の中に「犬」を必ず持ち出していました。もう、これで納得!

犬好きであろうとなかろうとイギリスでは、「家族の一員として犬がいる」というのがごく一般的なことなのだと。

ポールの妹ペニーの犬、秋田犬の「NIKITA(二キータ)」。日本では見かけない大きさの秋田犬です。(アキタと二キータ。音が似てるからこの名前がついたようですが、見た目、全く不似合いな名前です)。イギリスでも番犬として重宝がられているようで本当に巨大。アパートの中をノッシノッシと自由に歩き回っているのですが、私はあまりの大きさに食い殺されるのではと恐れおののきせっかく彼女と同じ故郷日本から来たのに友達になれませんでした。

ポールの友人ボッズの犬、スコティッシュテリアの「MAJ(マッジ)」。
こちらはまだ2歳で、めちゃくちゃキュート。
イギリス旅行以来、犬欲しい病が出て、写真を見ては癒されている今日この頃です。