PAUL OAKENFOLD – ポール・オーケンフォールド –

イギリス出身のポール・オーケンフォールドって知ってますか?
私は知らなかったのですが、ポールの最も好きなミュージシャンといえばこの人。

いつもとっても気持ち良さそうに彼の音楽を聴いています。私もすっかりハマりました。日本ではそんなに有名じゃないと思うので、知る人ぞ知る・・という感じなのでしょうか。。。

音楽のスタイル は、 プログレッシブ・ハウス、トランスで、ダンスミュージックの歴史において、常に最大の人気を誇ってきたDJ/プロデューサーなのだそう。インターネットで調べてみると、確かに彼についていろいろ出ています。ものすごい大物です。

あるサイトでは、「オーキーというニックネームで親しまれているPaul OakenfoldはChemical Brothers、Fatboy Slim、Underworldらの大物も凌ぐといわれる抜群の集客力と高額なギャラを誇り、UKにおいては80年代から現在に至るまで、常に最前線でダンス・ミュージック・シーン、ロック・シーンに君臨してきたトップ・アーティスト。」と紹介されています。そんなんですね~、知らなかった。

私は今まで、テクノやトランスを好んでいたわけではないのですが、最近はポールの影響でもっぱらこの手の音楽を聴いてます。

テクノやトランスは若者が好む音楽のように思われがちですが、ジャパニーズ・ポップスにすっかり飽きてしまった世代には、なかなか新鮮で心地いいですよ。

他にポールが好きなのは、
ピンク・フロイド、写真はアルバム「狂気」

アンダーワールド、写真はアルバム「Everything,everything」。

ピンク・フロイドやアンダーワールドは日本でもとっても人気がありますし、思いっきりイギリス的でお薦めです。
週末、お酒(できればGUINNESS)を飲みながら、部屋を暗くして聴いていると、宇宙を浮遊しているかのような不思議な幸せ気分に浸れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です