英会話勉強法

本当にたくさん出てますよね~。英会話関連本。

イギリス人の夫と生活している私ですが、いまだに書店に行けば、必ず英会話コーナーに立ち寄り、いい本が出ていないか真剣に探しています。

中学の頃から英語に興味を持ち、「ビバリーヒルズ高校白書・青春白書」、「フレンズ」、「アリー・マイ・ラブ」、「SATC」、とアメリカドラマを見て20代から現在までを過ごし、いまやイギリスが最も身近な国となった私にとって、『ネイティブのように英語を話すこと』が、夢であり目標、かつライフワークとなっています。

英検は準1級、TOEICは860点ですが、この級や点数を高いと見るか低いと見るかは、難しいところです。

日本では上級に分類されるレベルですが、英語圏の国の人にしてみれば「ビギナーにしては、なかなか上手」というレベル。

英語圏の人と対等に渡り合うにはまだまだ先は長い、頑張らねば!

・・・とこんな私の英語勉強法ですが、お勧めなのが半身浴英語音読法

読むものはペーパーバックでも英字新聞でもなんでも構いません(水に濡れてもいいもの)。

1時間以上かけて半身浴をしながら、声に出して読みます。

エコーがかかるので、自分の英語がとってもうまく聞こえるし、これをしていると1時間くらいあっという間で、かなり疲れて汗もかくので、ダイエットにも最適です。

私はほぼ毎日実践しています。

長年の英会話本の研究から、個人的に実際に有効だったと思えるのが、研究社の「必ずものになる話すための英文法」シリーズ
初級~中級まで数冊出ています。
この本に出てくる基本的な言い回しを何回も読んで覚えると、応用範囲が広がり、英会話がかなり楽になります。

もう5年以上前ですが、私はこのシリーズの中級編2冊をボロボロになるまで繰り返し声に出して読みました。

ほぼ覚えたぞ!と思ったとき、自分の実力が確実に上がっているのを感じました。

特に、英語は勉強してきたけど、話すのがイマイチ・・・という壁にぶち当たっている人には絶対にお勧めです。

“英会話勉強法” への2件の返信

  1. Ciao Eriko san!
    エリコさんでも英語の勉強まだしてるんですね~偉いな~{ドキドキ}
    私は英語もイタリア語も全然駄目です(笑)
    はははは。
    ジローラモさんのテレビ見損なっちゃったんですよ~かなりショック{げっ}
    ローマに行く前に彼のNHKイタリア語講座でかなり勇気づけられたのを思い出します・・・。Ciao bella~!!!!!{キス}ハハハ。かれこれもう5年以上前です(笑)残念なことにまだナポリには行った事ないので近いうちに絶対行ってやる!って感じです(笑)
    英会話をはじめたきっかけは~一人旅をしたかった国がイタリアとスペインでどっちの言葉もやるにはチョット大変だな~と、思い・・・ま~とりあえず英語だな!じゃ~○○英会話のフリータイムレッスンでも受けてみるか!と言うのがきっかけです(笑) 英語圏に元々興味が無かったにも関わらず良くココまで続いたなと思っています(笑) ぶっちゃけ英語がちょっと話せると一人旅も怖くなくなりました(笑) ホント英会話さまさまだな(笑) でもエリコさんの話を聞いて私も頑張ろうと思いました~何事も継続は力なり!ですね!!!!!!!!!
    最初はイタリア語頑張っていたんですが彼やイタリアの友人が皆英語がペラペラなのでそれに甘えちゃっています~{ごめんなさい}
    私がよく感じることは、一般的にヨーロッパの人って母国語の他に2・3ヶ国語話せますよね~それも特別に語学学校何ぞ行かなくても、独学で・・・・。 ヨーロッパの国自体も日本と違って大人だけど個人個人の意識の高さが大人な国を作っているのかもな~と思うとホントいつも頭が下がります(涙)
    ブログに遊びに来て下さってありがとうございました~!!!!!!! Baci!!{キス}{キス} 

  2. Ciao Rie san!
    確かにそうですよね~。ヨーロッパの人って平気で何ヶ国語も話したりするので、びっくりしますよね。
    私が大学時代にフランスに語学留学に行っていたときも、イタリアやスペインやドイツから中学生や高校生が夏休みを利用して、本当に大勢フランス語を習いに来ていたことを考えると、語学に対する意識もかなり違うような気がします。
    自分の言葉だけで十分と思っているのは、きっと英語圏の国の人たちぐらいなのでしょうね。
    スペイン、私も、行ってみたい国のひとつです。ラテン系の国って、とにかくやっぱりみんな明るい(ような気がする)ので、こちらまでハッピーな気持ちになれそうなので、何か辛いことがあって、現実逃避したくなったら行こうと心に決めてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です