頭の形

ポールの頭は、坊主頭。

付き合い始めた頃からず~っとこの髪型。

寝癖知らずで、清潔なので、私もこの髪型、大好きなんです。

触るととっても気持ちよくて、特に切ったばかり、というか刈ったばかりの肌触りは最高!

昔からよく生徒さんに「日本では、坊主頭は野球少年だけだよ~」などとからかわれていますが、本人、この快適さに辞める気配なし、です。

ある日、交差点で信号待ちをしていると、私たち2人をジッと見つめる視線が・・・。

こちらをジッと見ていたのは、とっても素敵な感じのご婦人。

あまりに興味深そうにシゲシゲとこちらを見ているので、ポールが「こんにちは!」と挨拶すると、そのご婦人、

「本当に頭の形がキレイね~。どうやったらそうなるのかしら?やっぱりドーナツ枕とか使って寝ていたの?」

と質問を投げかけてきたのです。

唐突な質問に答えることもできず、信号が青になり、照れ笑いしながらその場を立ち去ったのですが、ポールは「今、頭のこと言ってたよね?僕の間違いじゃないよね?」と何度も聞いてきて、道で聞かれた衝撃的な質問に2人で大笑いしました。

でも、ご婦人の気持ちとってもよくわかります。

本当に欧米の人って、骨格が違うのか、骨が強いのか、頭の形がきれいな人が多いんです。

日本人によくある「絶壁」とか「デコボコ」とか、あまりお目にかかれません。

以前函館にいた時、函館にある英会話教室の先生たちのほとんどが坊主頭でしたが、どの人もこの人も完璧な形で、まるで坊主の見本市のようでした。

今では坊主頭がすっかり定着したポールですが、10代の頃は、腰まで届くロングヘアだったそう。

教室で机に向かっているポールに話しかけるには、まず、すだれのように垂れた長い前髪を、真ん中から手でかき分けてあげて、顔を出してあげなければならなかったとか。

イメージ、貞子?!怖すぎ。

2 Replies to “頭の形”

  1. お久しぶりです。お元気そうでなによりです。実は奥さんの国際結婚日記のファンなんですよ。今回は「時間の差」のページから見逃してしまっていたので、時間をかけてゆっくり読んでいました。ポールの日常を覗き見しているようでちょっとドキドキします(変?)。でも毎回状況を思い浮かべながらウンウンとうなずいたり、大笑いしたり、泣きそうになったり(6年ぶりの帰郷のページです)っとかなり楽しいかったです。私も先月10年以上ぶりに故郷の沖縄に家族で帰ってきました。もちろんヒロも一緒に!沖縄はかなり変わっていました。ヤッパリ私も変わらない街角とか店などを見つけるとホッとしましたね。
    また、ちょくちょく遊びに来ていいですか?
    さて、私は誰だか分かりましたか?

  2. Saoriさん、こんにちは。本当にお久しぶりです{笑}もちろん、わかりますよ~。
    結婚のお祝いをしていただいて以来ですね。
    あの時は、本当に嬉しくて楽しいひとときでした。本当にどうもありがとうございました。
    ポールにも早速、Saoriさんからコメントをいただいたことを報告したら、と~っても喜んで一緒に声に出して読みました。
    ブログ、見ていただいていたんですね。本当に嬉しくて感激です。
    ポールには内緒で、これからもどんどん私生活を暴露していきますので、これからも是非遊びに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です