英語の発音「R」と「L」

突然ですが、「R]と「L」の発音正しくできますか?

私は、いまだに正しく出来ず、強く意識していないと区別して発音できません。

何度もポールに特訓してもらいましたが、耳が出来ていない(=「R」と「L」の音だけをを聞いても判別できない)ので、発音がうまくいくわけもなく、かなり苦戦しています。

日本語の音にすれば、どちらも「ラ・リ・ル・レ・ロ」。

「同じに聞こえるよ~、違ったって大したことないじゃん。」などと開き直ったりもしてみますが、これは結構重要な問題!

日本語のラリルレロは、英語の音ではちょうど「R」と「L」の中間。

どっちでもないんです。

英語圏の人にしてみれば、全く違うこの2つの音を区別できないのは本当に不思議なのだそうですが、この音が日本語にないことを考えれば、当たり前といえば当たり前。

・・・ですが、ここは頑張って訓練する必要があります。

何故なら、発音でいうと「R」と「L」の違いは、
日本語の「た」と「さ」ぐらいの違いがあるのだそう。

この違いは大きいですよね。

つまり、発音をきちんとしないと、「たたみ」と言っているのに、「ささみ」と相手には聞こえてしまう、ということなんです。

あなどれないでしょう?!

ポールの作った発音練習 
”Pro-wrestling wrestlers are restless and relentless.” 
をお試しください。

これが正しく発音できるようになったら、「R」と「L」を恐れる必要はもはやありません。

“英語の発音「R」と「L」” への5件の返信

  1. ピンポーン!分かってもらえて嬉しいです。
    本当にそうですね。RとLって難しいですよね。ポールの発音練習の文を20回連読したところぐらいから顔の下半分が引きつってます。
    お昼ご飯食べれるかな?

  2. 今日のレッスンでの事。
    映画の話になって、好きな監督は誰?って聞かれて「・・なんとか ロドリゲス」って言ったんです。
    ポールは「オドリゲス?ノドリゲス?」って
    そっか~ Rodriguesz はロドリゲスじゃないんだ!しかも”ゲス”じゃないしσ(^◇^;;
    Pro-wrestling wrestlers も真似して言ってみましたが、しっかり違うようでした。開き直ってやる~!{火}

  3. 「R」と「L」は永遠のテーマです。
    日々、会話の中で、ポールによく聞き返されるのが、この発音を曖昧にしているときなんです。
    言い直されても、「だから、そう言ったじゃん!」と憤慨してみたりもしますが、彼にはきっと全く別の単語に聞こえてるんでしょうね~。幼少の頃に英語を聞かせてくれていなかった両親を今頃になって恨めしく思ってます。

  4. ネットサーフィンをしていてたどり着きました(笑)現在イギリスに留学しているのですが、いまだにRとLに苦しみたびたびイギリス人につっこまれてます。
    私が英語の先生に習ったのはRed Lorry, Yellow lorryです!

  5. To まりさん
    イギリスに留学中なんですね。
    日本にいれば、ネイティブの先生たちもだんだん日本人がLとRの発音が苦手なことがわかってきて、突っ込まずに想像を働かせて理解してくれたりもしますが、イギリスだと、はっきり言わないとわかってくれないですものね。
    ここは頑張ってイギリス式LとRを耳に焼き付けるしかないですね!
    まりさんの英語の先生の練習文の方が、ポール発案のものより、短くていいです。でもいいにくさは同じ。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です