イギリスのトイレ事情

イギリスに限らず、ヨーロッパを旅行していると感じるのがトイレ事情のお粗末さ

レストランであれ、一般家庭であれ、パブであれ、水が流れない・・・ということが頻繁におきます。

どうもコツがあるようなのですが、私には完全にお手上げ状態になることが多々あります。

以前、日本人ガイドさんが言っていましたが、ヨーロッパツアーを案内していると、現地のバスドライバーさんたちによく「日本人観光客のトイレ休憩の多さ」を指摘されるそうです。

「日本人は体がちっちゃいから、膀胱もちっちゃいのよ」と答えていると笑っていましたが、本当にその通り。

そんな膀胱の小さい日本人には、トイレ事情の悪さは深刻な問題。急ぎ改善を要求したいところです。

だって、いまや日本で、水が流れない、なんていう事態は、余程整備されていない「海の家」ぐらいでしか起こらないでしょう?!

それと、もうひとつ文句が。

とにかく、どこに行っても、トイレットペーパーが少ない!

パブやレストランに予備のペーパーが置いていないのは、予備を置いておくと、みんなが持って帰ってしまうから、という理由だそうですが、本当にないと困りますから!!!

ヨーロッパ旅行中は、あまりに不安で、おちおちトイレにも行けず、スーツケースに余裕があれば、今でもトイレットペーパー1ロールを持って行きたいくらいです。

日本のトイレ事情は最高ですよね~、ホントに。

新しい家に引っ越してからは、トイレ、至福の空間です。トイレの蓋の開閉も自動、水が流れるのも自動、もちろん快適な機能もたくさんついてます。

イギリスでこのハイテクトイレを紹介したところ(ポールが機能を詳細に説明)、みんな興味津々でしたが、最後には、「トイレごときにそんなハイテクがどうして必要なの?

トイレにそんな情熱を傾けるなんて、信じられない」というのが共通認識のよう。

でも、実際使ってみて、その使い心地の良さに感嘆の声をあげている外国人を私はたくさん知っています。

「一度、この快適さを味わってから言ってね」と心の中でいつも思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です