旅のスタイル Part2

女友達との長期旅行、禁止なんです。

はっきりポールに禁止を言い渡されたわけではないのですが、彼の話から、「もう行っちゃダメ・・・ってことなのね」と私が理解して自己規制をかけているんです。

ポールによれば、イギリスでは、女友達同士で長期旅行(行き先にもよるそうですが)に出かけると言うのは、すなわち「ナンパされることが目的」、「旅先での出会いが目的」の『下心有りの旅行』とみなすのが普通だそうで、彼氏持ちや、まして夫持ちの女性がすることではないそうです。

男性であれ女性であれ、同性同士数人のグループ旅行は、日本では全く珍しくない光景(むしろ普通)ですが、旅行中に会うヨーロッパの人たちは、家族かカップルが旅行の基本単位。

確かに、男同士とか女同士のグループというのはほとんど見かけません。

特に2人旅だったりなんかすると、「ゲイのカップル」と思われるのが普通のような気がします。

海外旅行をする機会がある方は是非周りを見回してみてください。

そのことに気づくはずです。

「あっ、いた」と思ったら、日本人だった、とかね、そんな感じですよ、ホント。

以前、女友達と冬のパリ2人旅をしたことがあります。

その頃はこういう知識もなく、せっかくフランスにまで来たんだからと奮発して高級レストランで2人仲良く食事したことがありますが、まず間違いなくレズビアン・カップルと思われていたことと思います。

そう分かっていても、気の合う女友達との旅行って本当に楽しいんですよね。

エステに行って夢心地でマッサージをしてもらったり、気が済むまでゆっくり買い物したり、可愛いものやキレイなものを見てキャーキャー言ったり、おいしいものを食べたり。

女同士だと、また違った意味での楽しさ、ありますよね~。

女友達との弾けた旅行が、なんだかちょっと懐かしい。。。

ナンパとか、出会いとか、そんなのもう全く心配する必要なし。

「亭主妬くほど、女房モテもせず」なわけですよ、実際!

この際、寂しいが認めざるを得まい。

2 Replies to “旅のスタイル Part2”

  1. Hiroいわくナンパされやすい人はされたいビームを発しているらしく・・・ほっといてくれ!っといった態度の私はどこに誰と行こうと全然ナンパされません。全く寂しくありません(・・・・強がってる?)いいえー仲の良いお友達との旅行はマジで楽しいです。私も何年か前に女友達と行った京都旅行は今でも忘れられません。旦那様ぁーーーそればっかりは大目に見てあげてくださいー
    私も子供達が大きくなったら絶対女友達との気楽な旅、行くぞー!!でも4-5日ぐらいで満足です。はい

  2. そうですよね~。気の合う女友達との旅は最高ですよね{ハッピー}。でも、唯一許される女同士、妹と2人で数年前にベトナム旅行をしたときには、旅行中にあまりの性格の違いに気付いて、そのことを報告しようと、自宅に戻ってから、旅行の話を両親と姉にしているうちに大喧嘩になった苦い思い出があります。旦那を含め、仲が良すぎてお互いに気を使わないのも危険なので、「気の合う」くらいの友達が旅行相手としてはやっぱりベストのような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です