幸福の黄色い象さん

ポールにはいつも笑われるんですが、結構、占いとか迷信、信じちゃう方なんです。

もう10年以上前の就職活動の頃は、着ると絶対受かるリクルートスーツがありました。

数着用意したリクルートスーツの中で、それを着た時だけは何故か筆記でも面接でも通るので、クリーニングにも出さず、ずっと着続けていた記憶があります。

その後、最初の会社とは縁がなく、というより根性がなくて2年後に辞めてしまいましたが、中途採用で受けた現在の会社にもその「必勝スーツ」を着て臨み、合格。

なんだかとっても「運気」のあるスーツだったんです。

そんな感じで、たまにですが、ものすごく「運気」を感じるものに出会うことがあります。

そのひとつが、この黄色い象さんたち。

タイシルクで有名なジム・トンプソン(タイシルクを広めたアメリカ人実業家)のショップのものです。

8年前、女友達とタイ・バンコクへ行き、観光スポットになっているジム・トンプソンの家を訪れたとき、そのショップで、なんとも愛らしい黄色い小さい象さん(右側)を発見。

何故かその時、「黄色い象は幸せを呼ぶ」ような気がして、この象を見つけた瞬間、速攻購入。

連れて帰ってきて、家に飾ってから数日後、なんとポールと付き合うことに。

その後、文化の違いから、数え切れないほどの衝突を繰り返し、数年後、「もうダメだ、やっていけない」と、ポールはあっさり諦めて去って行きました。

が、その数ヵ月後、ポールと別れ失意の私は、母を誘って、当時横浜に住んでいた姉のところへ。

3人でお台場のホテル日航東京のレディースプランを満喫していたとき、ホテル内のショップで、ジム・トンプソンの象を発見。

今度は前回より大きいのを買って、幸せ掴んでやる!と鼻息荒く、大きめの黄色い象(左側)を購入。

・・・するとどうでしょう、自宅に飾って数日後、ポールが私のところに戻ってきたではありませんか!

これは一体?!

「象さん、もしやあなたはポールを乗せてきてくれたんじゃ?」とばかりに、それ以来私は、この黄色い象が幸せを運んできてくれた、と信じて疑わないわけなんです。

絶対何かあります、この『黄色い象』。

ジム・トンプソンの黄色い象を見かけたら、絶対”買い”です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です