イギリス人と紅茶

イギリス人といえば、やっぱり紅茶。
いつでもどこでも、紅茶。
イカツイおじさんから、クールガイも、キュートな子供たちもみんな紅茶。

どこからともなく“Do you want a cuppa(cup of tea)?”の声が聞こえ、紅茶が運ばれてきます。
イギリスの代表的なお菓子スコーンとまたよく合うんですよ、コレが。

日本では、完全コーヒー党の私ですが、イギリスでは、紅茶がもうおいしいのなんのって。
普通のマグカップに注がれているごく普通の紅茶なのに、イギリスで飲むとなんだかとってもおいしく感じられるので、出される度に、よせばいいのにゴクゴク飲んでしまい、気付くといつも紅茶腹。

お友達の家で、ポールが自分でせっせとみんなの紅茶を用意しているところ。


こんな風に、みんな面倒くさがらずにすぐ紅茶を入れてくれます。

ポールのいとこの息子、カイル君。当時1歳の彼がおいしそうに飲んでいた哺乳瓶のミルクが何故か薄い茶色。
もしやギネスでも混ぜているのでは、とドキドキしていたら、紅茶を混ぜて飲ませていました。さすが、イギリス。子供の頃から紅茶の味に親しませているのね~、と改めて感心。

ちなみにポールの場合は、曾おばあちゃんがアイルランド人のギネス好きな人だったので、ポールを眠らせるためにミルクにほんの少しギネスを混ぜて飲ませていたそう(いいのか?!)。

フランス人は、赤ちゃんにワインのコルクを舐めさせるというのを聞いたことがあったので、イギリスやアイルランドではごく普通のことかと思っていましたが、ポールのお家がそうだったというだけで、普通、ミルクが薄茶色の場合は、紅茶が混ざっているそうです。

いかにイギリス人が紅茶好きか、というエピソードをひとつ。

もうかなり古い話ですが、1966年、ワールドカップサッカーが、本国イギリスで開催され、決勝で西ドイツを破り優勝したその直後、誰もが電気ポットでお湯を沸かして紅茶を入れようと一斉に電源を使用したため、イギリス国内の全ての電気系統がパンクしてしまったことがあるそう。

思わずフーリガンをイメージしてしまうイギリスの熱狂的なサッカーファンの行動とは思えない紅茶好きのイギリス人らしい微笑ましい話ですよね。

“イギリス人と紅茶” への5件の返信

  1. 紅茶と言えばスコーン。
    スコーンと言えばクロテッドクリーム!
    以前、イギリス人の方が経営するカフェが職場の近くにあって、よくそこでクロテッドクリームを添えたスコーンをいただきました。
    私はあのクリームが大好きなのですが、
    日本ではほとんど見かけたことがありません。
    高級デパートなんかでは売っているのでしょうかねぇ?
    紅茶を入れてくれるご主人、なんかいいですねー。とってもピースフルです。^^

  2. こんにちはー。
    週末風邪でダウンしてしまい、せっかく10万円当選祝いを!と思っていたのにパンもお菓子も作れませんでした{ショック}
    ら、来週にご期待を~(笑)
    さて。紅茶とスコーンと聞いて、私が反応しない訳がございません!何せ、「スコーンとはなんぞや?」と思って作り出したのがお菓子作りにハマり、紅茶にハマったきっかけでしたから・・・{マグカップ}
    ああ~夢はイギリスで毎日クリームティ三昧!<デブへの道一直線!
    ところでクロテッドクリームですが、札幌だと中沢フーズさんのが丸井で、しんむら牧場さんのが大丸で買えます。通販でもありますね。あとは百貨店なら大抵輸入モノも置いてます。
    んがっ高いし賞味期限も短いので、私はいつも
    「なんちゃってクロテッド」{ピース}
    サワークリーム200gに卵黄を1個混ぜて冷やすだけ。イギリスびいきで有名な林望先生が『イギリスはおいしい』で紹介されてたのでーすv
    ちょっとお節介でした{汗}

  3. SIZUさん、風邪はもう良くなりましたか?
    雪も降って急に寒くなりましたし、体調を崩しやすい時ですよね。お互い気をつけましょう。
    SIZUさんとReeさんのコメントを見ていて、スコーンとクリームが今、無性に食べたくなってきちゃいました。
    実は、クロテッド・クリームというのは、お恥ずかしいことに初耳で、これまで味わったことがありません。
    早速、丸井か大丸で買って食べなくちゃ{ハッピー}
    ポールったら、そんな美味しいものがあること私に黙ってたんですね。

  4. クリームのないスコーンなんて~楽しみ半分!(断言){ハートブレイク}
    ケーキ好きのeri-ponさんなら、はまること間違いなしと思うんですけど(だからポールはナイショにしてたのカナ?){ピース}
    『<リンク:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&tag=hokkaideteati-22&camp=247&creative=1211&path=ASIN/4579206630/qid=1131673394/sr=1-1/ref=sr_1_2_1>イングランドティーハウスをめぐる旅』という本があるのですが(ボロボロになるまで見たので何と私は今二冊目です!)そこには至福のクロテッドクリーム光景が展開されております~v

  5. 至福のクロテッドクリーム?!そんな至福を味わえるものを知らないなんて、本当にすぐにでも食べないとイギリス人を夫にしている私の恥ではありませんか。急がねば!
    SIZUさんが紹介してくれた『イングランド―ティーハウスをめぐる旅』。とってもお洒落な表紙で惹かれます。見ているだけでイギリスにいる気分を味わえそう。
    一緒に紹介されていた『ロンドン―おいしいものを探す旅』、こちらもなかなか面白そうですね。「おいしいものがない」と言われているイギリスに行くときには必携ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です