英字新聞のすすめ

我が家では、ジャパン・タイムズを購読していますが、英語を勉強している人、海外に興味のある人には、英字新聞は絶対にお薦めです。

もちろん、日本にいる外国人のために発行している新聞なので、日本での出来事について詳しく説明しているし、投書欄を読めば、日本にいる外国人がどういうふうに日本を見ているかが良く分かり、とってもためになります。

最初の頃は、ニュースが1日遅れ(日本の新聞を翻訳しているため)なのがどうにも気になって、新聞としては、あまり読む気がしなかったのですが、1日遅れだからこそ、ほとんどのニュースはすでに知っているわけで、辞書なしで読めるというのが、英語を勉強するうえでは、意外と効率的な学習方法であることが最近よく分かってきました。

「最新情報を得る」という意味では、もちろん日本の新聞を読んだ方がいいわけですが、すでに知っていることについて、
「なるほど、英語ではこういうふうに表現するんだ。」
という読み方をすれば、本当に勉強になるので、飽きずに読み続けられます。

新聞記事そのものは、結構難しい単語が使われているので、多分初めてのニュースだったら、辞書なしで読むことはできませんが、投書欄に寄せられている読者の意見の英語は極めて平易な単語が使われていて読むのにあまり苦労しません。

私はよく英字新聞をお風呂で読んでいるので、しわくちゃにしてポールに叱られますが、TOEIC対策としても日頃から英字新聞を読んで時事英語に強くなることが、かなり有効です。

TOEICの受験を考えている方、いい参考書を見つけられずに困っている方には、英字新聞が最高のテキストになること間違いなしです。

ただし、先に日本の新聞なりテレビニュースを見て、ネタを仕入れておくこと。

ほとんどが知らない単語ばっかりで、辞書を引きながらだと、調べている感じが強くなるので、読んでいる気分になれず、なかなか長続きしません。

騙されたと思って、一度お試しを!