英字新聞のすすめ

我が家では、ジャパン・タイムズを購読していますが、英語を勉強している人、海外に興味のある人には、英字新聞は絶対にお薦めです。

もちろん、日本にいる外国人のために発行している新聞なので、日本での出来事について詳しく説明しているし、投書欄を読めば、日本にいる外国人がどういうふうに日本を見ているかが良く分かり、とってもためになります。

最初の頃は、ニュースが1日遅れ(日本の新聞を翻訳しているため)なのがどうにも気になって、新聞としては、あまり読む気がしなかったのですが、1日遅れだからこそ、ほとんどのニュースはすでに知っているわけで、辞書なしで読めるというのが、英語を勉強するうえでは、意外と効率的な学習方法であることが最近よく分かってきました。

「最新情報を得る」という意味では、もちろん日本の新聞を読んだ方がいいわけですが、すでに知っていることについて、
「なるほど、英語ではこういうふうに表現するんだ。」
という読み方をすれば、本当に勉強になるので、飽きずに読み続けられます。

新聞記事そのものは、結構難しい単語が使われているので、多分初めてのニュースだったら、辞書なしで読むことはできませんが、投書欄に寄せられている読者の意見の英語は極めて平易な単語が使われていて読むのにあまり苦労しません。

私はよく英字新聞をお風呂で読んでいるので、しわくちゃにしてポールに叱られますが、TOEIC対策としても日頃から英字新聞を読んで時事英語に強くなることが、かなり有効です。

TOEICの受験を考えている方、いい参考書を見つけられずに困っている方には、英字新聞が最高のテキストになること間違いなしです。

ただし、先に日本の新聞なりテレビニュースを見て、ネタを仕入れておくこと。

ほとんどが知らない単語ばっかりで、辞書を引きながらだと、調べている感じが強くなるので、読んでいる気分になれず、なかなか長続きしません。

騙されたと思って、一度お試しを!

3 Replies to “英字新聞のすすめ”

  1. Dosankoさんの紹介で(笑)やってきました♪
    >ニュースが1日遅れ
    >意外と効率的な学習方法
    そうなんですよ。最新情報をいち早く収集しなければならないジャーナリストなら致命的な弱点になりますが、一般学習や通訳・翻訳家としての用語仕入れという観点では、‘以外と’、というよりは、’非常に’効果的ですね。
    特に私レベルの中途半端な段階だと(準一級・TOEIC800前後)まず日本語の新聞を読んで、頭の中にイメージを作り、次に一気に英字新聞を読む「日英新聞の合わせ読み」と言われているものがとても有効です。
    ご主人のレッスン、いつかDosankoさんと一緒に受けに行きたいです♪

  2. ホテ子さん、はじめまして。
    さっき、ホテ子さんのブログに行って、早速コメントしたんですが、何度やっても失敗してしまいましたので、こちらに書きます。
    通訳ガイドを目指していらっしゃるんですね。
    イギリス人の夫を持ちながら、彼の日本語上達ぶりに甘えて、私の英語はいまやボロボロ。
    このブログを見て、頑張らねばと思いました。
    私の夢は通訳になること、だったはずなんです(いや、今も)。
    最高の環境にありながら、この状態、なんとかしなければなりません。
    ホテ子さんも是非、ポールのレッスンをどさんこさんと一緒に受けてください。なかなか面白いですよ。話を絶対に聞き流さないので。
    ホテ子さんのブログから、私もエネルギーもらっちゃいました!
    私も英語、頑張ります!

  3. 来ていただいてとっても嬉しいです。
    コメントちゃんと表示されてましたよ。ヤフーどうも調子が悪くなるんですよ。表示テクは「長押し&タスクバーの上のとこに「~~~を開いています」の文字が出るようマウスをチョコチョコッと動かしてみることなのですが、それでも駄目な時はもう1回\(笑)/
    画像のワンちゃんとジャパン・タイムズの組み合わせがほのぼのしてていい感じ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です