ガレージ改造中2

この前の日曜日、ポールが家のガレージ改造に夢中なことを書いたところ、そのプロっぽさに反響が思いのほか大きかったので、ここで、もう少し詳しく初期の頃を紹介します。

砂利と砂、セメントを混ぜてコンクリートを作っています。

私もちょっとだけ手伝いましたが、とにかく重い。簡単そうに見えますがとにかく重量があり、ポールが最も大変だと言っていた作業です。

機械ではなく人が混ぜると一度に少量ずつしかできないし、しかもすぐに固まってしまうので、一気にやってしまいます。この作業を行った日は、疲労がピークに。

できたコンクリートをブロックの穴の中に詰めていき、細い金棒でコンコン突付いて中に空気が入らないようにします。
見よ、この汗。外は30度の猛暑の中、1人黙々と作業に打ち込みます。

木の枠作りはこんな感じ。

そして、

半年が過ぎ、今は、この前お伝えした天井や壁の作業に入っています。

これからも時々、ガレージ英会話教室の進行状況をお伝えしていきますので、ポールの教室に通っていただいている皆さんはもうしばらくの間、温かく見守っていてください。

とにかくポールの愛情たっぷりの教室。命懸けで作ってますので、完成する日を楽しみにしていてくださいね