冷蔵庫事件

前にブログで書いたビックカメラでのラッキーな出来事から1ヶ月。

ついに今日は、待ちに待った大型冷蔵庫が届く日です。

当たった現金10万円ですぐにその場で、前からポールが欲しがっていた大型冷蔵庫を購入したものの、商品入荷待ちで、1ヶ月も待たされていたんです。

「今日は冷蔵庫が来るから、家にちゃんと居てね」と、仕事に出掛けるポールに念を押され、今か今かと待っていました。

ピンポーン!

来た!冷蔵庫だ!

喜び勇んで玄関に行き、ドアを開けると、配送の人が家の中を見て、

「冷蔵庫置くの2階ですか?サイズ確かめましたか?これじゃあ、階段が狭くて運べませんよ。無理ですね」。

え~っ!!!そんな~。

冷蔵庫を置くスペースは確認したけど、階段の幅なんて測ってない!

「あなたたちは、配送のプロなんだから、窓から入れるとか、なんとか工夫してやって下さいよ」という抗議も虚しく、とりあえず、今日は2人しかいないから、いずれにしても無理と引き上げてしまいました。

帰宅したポールにそのことを報告すると、「とりあえず、持ってきてもらうように言ってくれ。プロの癖にそんなことを言うなんて!運ぶのが、その人たちの仕事だろ?その人たちができないなら、僕が運ぶ!」。

大型冷蔵庫を心待ちにしていただけにポールも大激怒!

電話でのやり取りの末、結局窓から入れることに決め、ハシゴをかけて、業者の人6人+ポールでなんとか運び込むことに成功。

結局、搬入作業代として1万5千円を支払い、めでたし、めでたし。

業者の人が、「今日は本当は6人作業員が来たので、本当は1人7千円頂くところなんですが、その分は頂きません」、と感情的になって抗議をしていた私を思ってか、特別サービスを強調。

深々と頭をさげて感謝をのべた私ですが、どうにも腑に落ちない。

その気持ちをポールが理解してくれていました。

「たかだか10分の引き上げ作業に、どうして1人7千円もかかるっていうんだ。おかしいだろ。日給くらいの額じゃないか。日給を払う必要なんてない。もし支払わされてたら、ぼったくりもいいところだ!」。

その通りだよ、ポール。まともに払ってたら、冷蔵庫ひとつに5万7千円。ありえん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です