『嘘をつく』ということ

先週末、女子3人で飲みに行きました。
3人とも仕事をしていて、既婚。子なし。
一緒だったのは、先輩のIさんと、ひとつ年下のHちゃん。

その時、出た話のひとつが、「旦那の嘘」。

以下、Iさんの話。

ある日のこと。旦那が風邪で調子がものすごく悪いのに会社に行き、夜遅くに帰宅。
「今日は、食欲がなくて、焼きおにぎりだけ食べたよ」と旦那。
ところが、後日、その日、旦那が若い女の子とレストランデートを楽しんでいたことが判明。
何故わかったかというと、理由は簡単!2人が行ったお店がIさん行き付けのレストランだったから。

怒ったIさんは、
「あのイタリアレストランに焼きおにぎりなんてあるんだ?」とチクリ。

旦那「・・・・」。

このやり取りについて、

Hちゃんの意見は、「それは、旦那さんが心配をかけまいとしてついた嘘で、旦那さんなりの優しさ。そこを理解してあげるべき」。

私の意見は全く逆。「後ろめたいことが全くないなら、嘘をつく必要なんてまるで無し。怒って当然」。

と、今やこんなに強気の私ですが、ポールに会った頃は、まさにHちゃんと同じ、というより、Iさんの旦那と同じことをしていました。

例えば、男性と2人で飲みに行ったとします。かつての私なら、ポールに余計な心配をかけまいとして嘘をつく、または、全く言わない、というパターン。

でも、これがポールとの関係においては、いつも最悪な結果になっていたのです。

ささいなことから、私の悪意のない嘘がバレたりしているうちに、ポールに言われたのが、「どうでもいいような小さなことで嘘をつく。そんな人間をどうやって信用できるんだ。そんな相手とは絶対に付き合っていけない」。

「言わない」ことも嘘のひとつだとポールは言います。

そして、私は、禅僧のように『嘘』について考えました。

「余計な心配をかけないため」などと言うのは、ただの言い訳。心配をする必要もないほど些細なことなら、隠す必要などないのです。

それからの私は完全に変わりました。

全てを話すようにしたことで、ポールとの信頼関係はどんどん深まり、関係が好転。

あの頃の私のままだったら、と思うとゾッとします。

私をよく知る友人は、ポールによる英国式マインドコントロールの成功例と言います。

“『嘘をつく』ということ” への3件の返信

  1. MindControlねぇ(笑)
    でもホント隠す必要のないことを隠すなんて無駄なことよね。
    ちぃは異性の友人が多いけど、何にもやましいことがないから何でも報告するし、Bashuも何でも話してくれる。
    お互いに100%のTrustがあるから問題にならないけど、もし異性の友人を認めてくれないような人だったら、大変だろうなぁ。
    っていうか、食事に行っておいて病気だったなんて怪しすぎる!

  2. ”行きつけのレストラン”に行くところが、何とも憎めないところでもあると・・・男の私は思います{スマイル}
    『真実を言うor言わない』は2人の関係、個人の考え方によるところが大きいので、難しいですねぇ・・。
    風邪でものすごく調子が悪いのにレストランデート・・・・
    同じ男としては、そこに何らかの理由があったとしか思えませんが・・・{ショック}。普通の友達という感覚なら食事の誘いを断る、もしくは自分からは誘わないよねぇ・・・風邪なのに・・多分ですけど。
    ”心配する必要もない些細なこと”の感覚が個人によって、これまたさまざま。その感覚の違いによって問題が・・・。
    後ろめたいことがなければ、全部打ち明けるかどうか・・と言うよりもお互いぶつかり合いながら、2人だけのちょうど良い方法で進んでゆくのが良いかと・・・私は思いますが・・。

  3. >ちぃさん
    ちぃさんご夫婦もやっぱり何でも報告しあうんですね。
    私も「何でも話す」ということをポールに教えられました。
    彼には、「私の態度で察して」ということは認めれませんでした。そういうものなんだと初めて知りました。
    >よーすけさん
    先輩のIさんも、「私が行きつけのお店に行くところが愚かな発想だ」と言っていましたが、男の人って、意外と女性ウケするお店を知らなかったりするのできっと他に思いつかなかったんでしょう。
    あるいは、わざと嫉妬させようとしたか、など他の理由も考えられますが。。。
    よーすけさんの言う通り、嘘は微妙な問題ですよね。
    書き込みを見て、また禅僧のように考え込んでしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です