ポールのアジア遍歴

ポールの最初のアジア遍歴は、1991年に始まります。

自分探しの放浪の旅を始めるには、少し遅い25歳のとき、新しい世界を見ようと思い立ち、わずかばかりの貯金を持って、バックパックひとつ6ヶ月の旅行の予定でイギリスを離れ、ロシアに旅立ったのが始まりです。

当時のロシアはまさに混乱状態。身の危険を感じ、わずか数日間の滞在でロシアを離れ、そのままインドへ。

インドでは、激しく付きまとう現地の人たちに、これまで感じたことのない対人ストレスを感じ、2週間過ごした後、今後はタイへ。

タイでの居心地は極めて良かったらしく、そのまま3ヶ月滞在。
タイ以降のアジア遍歴は、

マレーシア 1ヶ月

インドネシア・スマトラ島 3ヶ月

シンガポール 3週間

初めての日本 6日間

ジャワ島 3ヶ月

ブルネイ王国 1週間

韓国 3週間

2度目の日本 4日間

フィリピン 3ヶ月 

香港 1ヶ月

中国 1ヶ月

香港 2週間

フィリピン 7ヶ月

3度目の日本 6ヶ月

香港 1週間 

オーストラリア 4ヶ月

香港 3日間

タイ 1年9ヶ月

ラオス 3週間

ネパール 5ヶ月

タイ 3ヶ月

イギリス

となります。

結局、6ヶ月で旅が終わるわけもなく、すっかりアジアに魅せられたポールは、ビザの関係で、香港を拠点にして出入国を繰り返しつつ、各国を気の向くままに放浪し続けたのです。この間、他のバックパッカーと親しくなって一緒に旅をしたり、お金がなくなると、香港でバーテンダーの仕事をしたりしながら、気ままな旅を続けていたそうです。

このアジア放浪の旅がこの後のポールの人生に大きく影響を与えたことは言うまでもありません。

このアジア旅行がきっかけで日本に興味を持ち、いまや、日本に永住を決意したポール。

8月のイギリス里帰り旅行から、日本に帰国した成田空港で、「本当のところどういう気持ち?」と聞くと、「あ~、家に帰って来た、って感じ」とポール。

最初は外国でも、8年も住んでいるとそういう風に感じるものなんですね。

この後、ポールのアジア遍歴第2弾があるのですが、それはまた改めて。

“ポールのアジア遍歴” への2件の返信

  1. 旅ってほんといいよね。
    ちぃも大好きで、ポールのようにアジア・中近東・ヨーロッパ30カ国くらいを2年半くらい放浪していたときがありました。
    暖かいアジアの国に暮らしたかったのだけど、結局アイルランドに落ち着いてしまって・・・「あれっ?」という感じ。
    でも、ダーリンと素敵な友人たちに囲まれてしあわせなので文句なしです。
    ポールが成田について「あ~家に帰って来た」って思う気持ちすごく分かる!
    ちぃもダブリンに帰ってくると「Home Sweet home」って思います。

  2. ちぃさんの世界各国のトラベル・ピクチャーズ、ポールと2人で、全部見せてもらいました。
    これだけ多くの国を旅し続けると、世界観や人生観、価値観が大きく変わりそうで、ちぃさんやポールを心から羨ましく思います。
    ポールも他に住む国を選べるなら「タイ」と言い切ります。
    ちぃさんの言うように「暖かいアジアの国」、というのがポイント。
    タイからイギリスに戻ったとき、イギリスの天気の悪さを、それまでは平気だったのに、ものすごく不快に感じるようになったのだとか。
    アジアを旅行することがなかったら、きっとポールはまだイギリスで普通の生活を送っていたことでしょう。
    ちぃさんももしかしたら日本にいたかも。
    そう考えると旅行って本当に面白いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です