各国の国民性

最近、欧米のマナーや文化についてのことを書いていて、ふと、数年前に大きな話題になった映画『タイタニック』にまつわる話を思い出しました。

氷山にぶつかって、もはや沈没寸前となった豪華客船タイタニック号の船内で、船長が、女性や子供を優先して小船で脱出させるため、男性の乗船客のところを説得に回った時のエピソード、聞いたことがありますか?

船長の決めゼリフは、

アメリカ人には、

「あなた方は、ヒーローです。」

イギリス人には、

「あなた方は、ジェントルマンです。」

ドイツ人には、

「これは、命令です。」

そして、日本人には、

「みんな、そうしています。」

だったそうです。

そして、各国の男性乗船客は、船長に従い、女性や子供を無事に脱出させることに成功したのだとか。

今となっては、実話なのか、作り話なのか、誰に聞いたのかさえも記憶が定かではありませんが、各国の国民性を表しているなかなか興味深い話だと思います。

この話をポールにして、「日本人の時、船長は何て言って説得したと思う?」と聞いてみると、彼の答えは、

「『ボーナスをあげる』でしょ?!」

日本の文化、良く分かってる?!分かってない?!

2 Replies to “各国の国民性”

  1. 確かに現在、日本に”サムライ”はいないのかも知れないねぇ・・・w。
    ラストもトムだったしw。
    さすがに”ボーナス”じゃぁ納得しないよねぇ。
    『年金保障するよ』ではどうでしょう?

  2. 『年金保障』、いいですね~。
    私が男だったら、このひとことでOKですね。
    なんたって、日本人ってば、老後のこと気にし過ぎですもんね。
    ポールたちイギリス人なんて、老後の心配など全くしてません。幸せな人たちですよ、ホント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です