家族

今日は、旭川に住む叔父のお葬式でした。

大人になってからは、あまり会う機会はなくなっていたけれど、小さい頃、毎年お正月やお盆になると親戚一同集まっていて、いとこ同士も小さい頃から仲が良かった叔父さん一家。

柔道で鍛えた立派な体格を持ち、病気ひとつしたことがなくて、まさかこんなに早く叔父さんのお葬式に行くことになるとは全く思ってもいませんでした。

まだ58歳。その死は本当に突然訪れました。

単身赴任をしていた叔父は、先週の金曜日の夜、仕事から戻り、お酒とつまみをテーブルに用意して、電子レンジで、鶏のから揚げを温めていたようで、状況からいって、電子レンジの「チン」という音を聞いて、から揚げを取りに行こうと立ち上がった瞬間に首のあたりの血管が破裂して倒れ亡くなったようです。

離れて住む奥さんとは毎晩携帯で連絡を取っていたそうで、連絡が取れないのを不審に思った奥さんが、近所の人に頼んで家を見に行ったところ、中で倒れているのが発見されたそうです。

テーブルには、携帯が開いて置いてあったらしく、ちょっと一杯お酒を飲んだら奥さんに電話しようとしていたようで、まさか電話する前に自分が死ぬなどとは、本人が一番思ってもいなかったでしょう。

あまりにも突然だったので、涙に包まれた本当に悲しくて辛いお葬式でした。

取り乱して泣きながら遺体に話しかける奥さんと長男・長女。この一家の仲の良さを子供の頃から死っているだけに、本当に見ていられませんでした。

でもその一方で、残された家族の傍らで優しく寄り添い支えるそれぞれの新たな家族の姿がとても微笑ましく印象的でした。

叔父さんが亡くなったのは、本当に辛いことだけど、残された家族の長男には、美しい奥さんと小さな女の子が2人、長女には、素敵な旦那様と小さな男の子が1人、それぞれに新たな家族が生まれているのを見て、叔父さん一家の新たな明るい未来に何ともいえない幸せのようなものも感じたのです。

国際結婚のため、将来訪れるであろう国籍の問題や、教育の問題、その他もろもろのことを考えて、子供を持つということについては腰が引けていた私ですが、子供のいる家族って本当にいいな、未来に向かって行こうとする家族のあるべき姿なんじゃないかな・・・そんな風に考えさせられた1日でした。