a runny nose

寒い冬、特につらいのが鼻水。
(タイトルに「鼻水」と書くのは、ちょっと抵抗があったので英語にしてみました。)

寒い屋外から暖かい室内に入ると、寒暖の差で必ずちょっとだけ鼻水が出るんです(汚い話ですみません)。

鼻をかむほどではないのだけど、そのままにすることもできないような、まさに中途半端な状態でチロっと。

そんなわけで特に冬場は、バッグの中のティッシュは欠かせないアイテム。

使い切ったりするとピンチなので、手持ちのティッシュだけでは満足できず、街中でティッシュを配っていると、サラ金のだろうが、H系のだろうが、大阪のおばちゃんバリに必ずもらって万が一に備えています(ここまでするのは冬場だけですよ、念のため)。

そこで思ったのが、「鼻をかむ」ことに対する日本とヨーロッパの意識の違い。

「人前で音を出して鼻をかむ」という行為は、日本ではなんとなく恥ずかしい・・・と感じることなので、あまり人前で堂々と思いっきり鼻をかむ人はいないですよね。

会社だったら「トイレでこっそり」とか、人前だったら、ふき取るようにして音を出さない・・・とか。

でも、ヨーロッパでは、「人前で音を出して鼻をかむのは恥ずかしい行為」という認識はまるでないようです。

10年以上前のフランスでの出来事。

フランス語を学んでいた教室にいたのが、イタリアから来たブロンド・青い目のモデルのような完璧美女。

あまりの美しさに誰もが圧倒されてしまうようなその彼女が、ある日、教室でみんなで楽しく話をしている最中、おもむろにティッシュを取り出し、思いっきり音を出して、『ブッビー、ブビー、ブヒー(まさにこんな感じの音です)』って感じで音を出して鼻をかんだのです。

私は思いっきりのけぞりましたが、周りのひとたちは何も感じていない様子。

全く気にしちゃいない。

その時はじめてわかったのです、鼻水が出たから鼻をかむのは「当たり前のことなんだ」、「恥ずかしいことじゃないんだ」と。

あちらでは、どうも「鼻水をすする」ことの方が、よっぽど不潔なことと思われているようです。

冬場にヨーロッパ方面を旅行される方は、鼻水が出てきても、決してすすらないようご注意を!