不思議な体験レッスン2

ポールの英会話教室での、不思議な体験レッスン続編です。

おかしな体験レッスン その4

40代の主婦。
ポールの質問に、すべて日本語で答えるその女性。
英語の質問にすぐに答えるので、ヒアリングの力はかなり高いことは窺わせるものの、答えが全て日本語なので、なんとも話す力がわからない。
困ったポールが、「英語で答えてくださいね」とお願いすると、
「日本人は完璧主義なの。私は、自分の英語が完璧じゃないことがわかってる。だから英語は話さないの。完璧に話せるようになったら英語で答えるわ」。

ポールがこの説明を理解できずに帰ってきたことは言うまでもありません(英語が完璧に話せないから習いに来たんじゃないんですか?!完璧だったらポールの教室に来る必要は全くありません)。

おかしな体験レッスン その5

20代の若者(男子)
「金曜と土曜に2日続けてレッスンを受けたい」と強く希望。
金曜日「少し遅れる」との電話あり。待てど暮らせど本人は現れず、遂に現れたのは土曜日のレッスン開始時刻を2時間過ぎたとき。
遅れた理由は「友達と車を見に行っていた」から。
「少し遅れる」⇒「今日は行けない」⇒「明日も数時間遅れる」という解釈は、どんなに想像力豊かな人でも無理です。

ポールがすっかり待ちくたびれて帰ってきたことは言うまでもありません(時間と曜日の感覚が麻痺している方のレッスンはできません)。

おかしな体験レッスン その6

4、5歳の幼児5人。
とても教育熱心なママ3人組が連れてきた5歳以下の幼児計5人の合同レッスン。
ポールを見るなり、逃げ惑い、泣き喚く子供たち。
怖がって、椅子に座ることもできないので、レッスンを始められるはずもありません。1時間、自分を怖がり泣き叫ぶ声を聞き続けて体験レッスンは終了。

ポールがいたく傷ついて帰ってきたことは言うまでもありません(お母様の熱意とは裏腹に小さなお子さんは外国人を大変怖がります。体験レッスンが不可能な場合も多々ありますのでご了承ください)。

この方達は、いずれも体験レッスンだけでその後は続いていません、というより、もちろんこちらからお断りさせていただきました。

それにしてもポール、聞けばきくほど辛すぎ。。。

“不思議な体験レッスン2” への4件の返信

  1. 以前、駅前留学していた時の話ですが・・・
    その日のクラスは男性2人、女性1人の3人の生徒。
    しかーし。
    この女性(20才ぐらい?)は見るからに変。
    センセが入ってきて・・
    『ハ~イ!・・・・・・・・・・・???』
    と固まったぐらいw。
    なんせ、テーブルに額を付けたまま動かないんだから(笑)。
    センセはファイルを見ながら
    『○○?○○?アーユーオーケー??』
    を繰り返していました。
    10分後ぐらいにやっと顔を上げたかと思ったら、ノートを開いて髪の長い女性の絵(マンガ?)を書き始めました。
    かなり怖かったです。

  2. すごーく怖すぎです。
    このレッスン。
    さすがのポールもこれほど奇妙なレッスンはしたことが無さそうです。
    一体なんなんですか、この人は?!
    来るべき場所を間違ったとしか思えないですよね。
    『貞子』を思い出しちゃいました。

  3. こんにちは!
    またお邪魔します。
    (来るといろんな話題があって、面白いです。)
    いろんな人居るもんですね。
    これは大変。
    私も他の英会話学校でありました。
    何もしゃべらない生徒。
    ペアで話してくださいといわれた日には最悪。
    本当、いらいらするのです。
    私がこのくらいなのに、先生はもっとでしょうね。
    それにしても「貞子」さんは強敵ですね…^^:

  4. 不思議なことに、おかしな体験レッスンは、ポールが教室をはじめたばかりの頃に、起きたことばかり。
    生徒さんに来ていただきたくて必死だったときに、不思議な生徒さんたちに振り回されて、私までが、本当にやっていけるのかと、不安になったほどです。
    教室が軌道にのってからは、とっても真剣で素敵な生徒さんばっかりが集まるようになりました。
    本当に不思議なものです。
    これもひとつの『マーフィーの法則』ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です