東京物語

昨日から、仕事で東京に来ています。

新千歳空港は、雪祭りのため、観光客でごった返していて、羽田へ向う飛行機も、4分の1くらいは外国人。

写真を撮り合ったりしてはしゃいでいるので、スチュワーデスさんたちが大変そうでした。

そして、東京。思ったより寒い。普通に寒い。

学生時代に4年住んでいたところなのに、もうすっかり『おのぼりさん』。

とにかく人が多くてぐったり。どこに行っても、たっくさんの人・人・人。

地下鉄の構内やJRの乗り換えで、進むべき方向を間違えたことに気付いても、方向転換などまるで不可能。横切ることなどできません。しばらくは、悔やみながらも流れに沿って突き進むのみ。

そして、とにかくみんな歩くのが早い。

私もかなり歩くのが早い方で、ポールと歩いていると、いつも
「リラックス!どうしてそんなに急いで歩くの?!」と注意されるほど。

なのに、なのに、その私が追い抜かされるんです。若者はもちろん、年配のおじさまたちにまで。

東京は、札幌の倍くらいのスピードで時間も人も流れているような気がします。

学生の頃は、そんなこと感じたことなんてなかったのに。

このスピードがたまらなく刺激的で、楽しくて楽しくて仕方がなかったのに。

そんな思いで、東京タワーを眺めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です