魚介類嫌い

ポールは、魚介類が全くダメ。

単純にダメというより、アレルギーに近いものがあります。

魚介類が食べ物として好きじゃない、というのに加えて、食べると、下痢と嘔吐で大変なことになるという体質的な制約もあります。

というわけで、我が家では、魚介類はご法度。

食卓に焼き魚やお刺身が並ぶ、ということはありません

生でも、火を通してあっても、絶対ダメ。

寒い冬に、鮭が入った石狩鍋を2人でつつくこともできません。

かつおのダシさえもダメなので、結構気を使います。

匂いだけで嫌がります。

私の大好きな「かっぱえびせん」でさえ、私が袋の口を開けっ放しにしてポリポリ食べていたりすると、「魚臭い」と言って鼻をつまんでいます。

人間の味覚って本当に不思議。

あんなにおいしいのに。

以前、英会話教室の忘年会が居酒屋で開かれたときのこと。

メニューの中心はもちろん魚。
ポールが食べられるものは何もなく、唯一食べられる一品だった「鳥のから揚げ」を全部1人で食べたら、「ずるい」だの、「わがまま」だの、みんなに言われて、ひどく憤慨して帰ってきたことがありました。

全部食べちゃうポールも全く大人げないけど、お腹が空いているのに、他に食べられるものがなく、仕方がなかったのでしょう。

でも、不思議なことに、代表的なイギリス料理の「フィッシュ&チップス」に使われる鱈だけは大丈夫。
というより、大、大、大好物。

あまりにおいしそうに食べるので、「同じ魚なのに何故???」

俄かにポールの魚嫌いが疑われる瞬間がいつもここにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です