海外ドラマ

テレビドラマは英語のものしか見ないポールと、「ビバリーヒルズ」シリーズにはまって以来の海外ドラママニアの私がお薦めの番組をご紹介!

まずは、ポールのお気に入りテレビドラマから。

第1位は、『炎の英雄・シャープ』。

「ナポレオン戦争時代、イギリス陸軍で活躍するリチャード・シャープの物語」で、番組予約するくらい好き。私は、このテの話には全く興味がないので、ポールが『シャープ』を見ているときは、ブログを書いたりしています。

第2位は、『CSI マイアミ』。

すごくリアルで面白いので、これは私も見ています。
ただ、時々あまりに残酷でグロテスクなシーンがあったりするので、常に身構えてしまいます。

そして、第3位は、『The west wing (ザ・ホワイトハウス)』。

これは、数年前、NHKやwowowでも放送されていたアメリカ大統領を取り巻く物語ですが、当時は、全く見ていなかったのですが、ポールの中で、このドラマの評価が俄かに高まっているようです。

いい役者が揃っているからこそなのでしょうが、見ているとドラマという感じがせず、「ホワイトハウスの中での実際の出来事のように錯覚してしまう」のだとか。

そして、私の最近のブームは、『SIX FEET UNDER シックス・フィート・アンダー』。


タイトルの意味は、「地面の6フィート下=棺桶が埋められる場所」のことで、「死」をテーマにしたとってもシニカルな物語。

毎回、想像が全く付かないストーリー展開です。

ただ、このドラマの独特の音楽と、「死」がテーマなので、ストーリー自体、アクションもなく、とっても静かに進行するため、疲れているときは必ずといっていいほど眠ってしまいます。

「見たいって言ったんだから、ちゃんと見て!楽しみにしてる割にはいつも寝てるよね」って、ポールにいつも嫌味を言われています。

「ちゃんと再放送を見てるから大丈夫なの!」と反論。

スカパーの良いところであり、悪いところ、それは、なんといってもリピート放送の多さ。

スカパーには思いっきりお世話になっているポールと私ですが、それにしても、このリピート放送の多さって、正直どうなの?!