スリランカ・カレー

レッスン帰りに、近くのスーパーに立ち寄ったポールから電話が。

「スリランカ・カレーに必要な材料は何?」

どうやら、今日は、先日生徒さんのSIZUさんから頂いたスパイスでスリランカ・カレーを作ってくれるつもりらしい。

彼の指示通り、慌ててビーフカレーとポテトカレーのレシピを持ち出し、

「牛肉とポテト、青唐辛子、にんにく、しょうが、レモン、それからココナッツミルク!」。

青唐辛子・・・は、英語でなんて呼ぶのかわからなくて、「細長い、緑色のチリみたいなやつ」と説明してはみたものの、「青なんばん」と「ししとう」で悩んだ彼から再度確認の電話。

ようやく材料が全て揃ったところで、料理開始。

レシピをしっかり冷蔵庫の横に貼って、ポールは料理、私はレシピの通訳兼アシスタントとしてスタンバイ。

なんとポテト・カレーとビーフ・カレーを同時進行でクッキング。

私のレシピ通訳も必要ないくらい手際よくさっさと料理を進めるポールに、あれこれ指示されたり、注意されたりしながら、私もちょっとだけお手伝い。

普通、逆だよなーーー。

そして、遂に完成『スリランカ・カレー』。ナンと一緒に。

右が『ポテト・カレー』、左が『ビーフ・カレー』。

ポテトの方は、「お子様でも大丈夫」とレシピにあった通り、とってもマイルドな辛さ。
お芋とカレーは本当にベスト・マッチで美味。

ビーフの方は、チリパウダーがかなり効いていて、なかなかの辛さ。

「すごい、辛いね~」という私に、ポールは、「もっと辛くてもOK」などと言って強がっていましたが、2人とも気付くと汗が噴出していました。

タイプの違う2種類のカレー、どちらもと~っても美味しかったです。

SIZUさん、本当にありがとうございました。

次回は、『チキン・カレー』に挑戦してみます