イギリス・ベストスナップ集

去年のイギリス旅行ではものすごい数の写真を撮ってきました。

あまりに写真を撮るのは、気がひけることも多々ありましたが、やっぱり、こうして改めて見てみると、そのときの心境を思い出したりして、とっても癒されます。

で、そんな大量の写真の中から、自画自賛の癒し系ベスト3をご紹介。

第1位は、ヨークの1ショット。

イギリスには珍しい、青い空と橋のコントラストが美しい、自分で言うのもなんですが、大好きな写真です。

イギリスって、なんだかいつも曇ってて、雨が降っていて、どうしてもどんよりしたイメージがあるのですが、嘘のような好天に恵まれてのヨーク旅行だっただけに思い出深い1枚です。

「晴れているうちに写真を撮らなくちゃ」、なんて焦った記憶が。

第2位は、ポールの故郷にある、とある修道院の丘で撮った写真。

丘のうえに、堂々と立つ、葉が生い茂った1本の樹。

その樹の下に、車椅子に座った年老いた女性と、それをあたたかく見守る(多分)ご主人。

天気がいいので、きっとお散歩に来たのでしょう。

見ていて、とっても心が温かくなって、遠くから1枚撮ってしまいました。

「年を取ったら、こんな夫婦になりたいな・・・」、なんてね。

そして、第3位は、エルヴァストン・キャッスルの庭。

ここで、ポールは子供の頃、毎日、日が暮れるまで遊んでいたのだそう。

うさぎを追いかけたり、きのこを採ったり、お散歩したり。。。

ポール・ママが写真を見せてくれましたが、子供の頃のポールは、青い目にくるっくるの金髪カールヘアで、本当にエンジェルのよう(今の坊主頭のイカツイ外見からは想像もつきません)。

なんて、ちょっと話がそれましたが、小さな子供にとってはこんなに広い庭や自然が近くにあるのって本当に最高の環境ですよね。

気に入った写真は、どれも観光地でもなんでもないところばかり。

イギリスには、まだまだ見所が満載