スーツが欲しい!

今、どうしても欲しいのが、新しいスーツ。

一番新しいスーツは去年買ったもので、お気に入りはその一着しかないので、今年も必要なときには、それを制服のように何度も着ている始末。

財布の紐はユルユルで買う気満々なのに、一向に気に入ったスーツが見つからない

リクルート・スーツみたいなお洒落じゃないスーツは今更買う気も起きないし、かといって、小娘が着るようなミニスカ・スーツも無理。

そんなわけで、ちょっと大人めなスーツを着ると、まるで「入学式のママ」。

確かに、リクルート・スーツを着て、「若さのないダサさ」を強調するよりも、ミニスカ・スーツを無理して着て「イタい感じ」を醸し出すよりも、『入学式のママ』スタイルがしっくり来る年代。

年とともに、「着たい服」と「着るべき服」のギャップが大きくなっていることを実感。

何かで読んだ、「若い子の服は、安くて流行を取り入れていて、とってもお洒落だけれど、若さがあってこそ輝くもの。ある程度の年代の女性が若い子の服を着ても安っぽく見えるだけ」というのが身にしみる今日この頃(鬱)。