国際結婚の難しさ

国際結婚の離婚率は5割と言われ、9割という説もあります。

旦那が外国人で、奥さんが日本人というケースの場合、その多くは、旦那の収入が原因のようです。

もちろん、言葉の問題とか、文化の違いはあります。

ただ、生活となると、最も大きな問題となるのが『収入』。

日本で結婚し生活することになった外国人が、収入を得ることができるのは、英語圏のひとならば、英会話講師の仕事か、あるいはバーテンダーくらいなもの。

毎年給料が上がるということもなければ、ボーナスもなし。

そんな状況なので、外国人の旦那に、日本人と同じような安定雇用・安定収入を望むのは、かなり無理なお話なのです。

私も独身の頃は、いわゆる『玉の輿』を夢見なかったわけじゃないし、医者と結婚して毎日エステ三昧、毎晩着飾ってパーティー、それこそ女の幸せ、みたいに思っていたこともありました。

でも、愛があれば(結構テレル)、収入なんて関係ない。

自分が働けばいいんです。日本人なんですもの。そのほうが何かと有利。

ポールと結婚する前、一度ささいなことから、お金のことで大喧嘩をしたことが。

わかりやすくというと、「男なんだから、もっと稼げ!」(本当はもっとずっとやわらかい言い方ですよ)という私に対し、ポールははっきりと、「自分はこれでも精一杯やっている。精一杯頑張っているのに、それでも、これ以上求められるなら、もうやっていけない」。

その言葉を聞いて、私は本当に目が覚めました。

外国暮らしはそれだけでいろんな苦労があるもの。

以来、すっかり寛大な妻になりました。

できるだけ、ポールにストレスをかけないような生活を、これでも私なりに心がけています(実際は、私が彼にかなりストレスを与えていることは、ポールの生徒さんならご存知のはずですが)。

何があっても日本にいる限りは私がポールを守る、その代わり、イギリスにいった時はよろしくね、っていう感じです。

「旦那に甘すぎる」って指摘されるかもしれませんし、あまりうまく表現できませんが、国際結婚の場合、本国に住んでいてストレス負荷の少ない側の方が、相手を気遣い、相手に合わせることこそ必要なことなんじゃないかと思っています。