火災保険

空き巣に窓を壊され、その修繕で困ったのが、どこの「火災保険」に加入しているかわからない!という事態。

賃貸アパートの管理会社によれば、「火災保険の会社を教えてもらえれば、すぐに窓ガラスを修理して、その修理費用も保険で全部カバーできるはず」とのこと。

そうか、良かった~。火災保険ってこういう場合もカバーしてくれるのね。

掛けておいてよかった。でも、待てよ、保険会社、どこ?!

更新したことは覚えてるけど、証券もどこにあるかわからないし、領収書も一体どこ~?

几帳面な人なら絶対起こらない事態ですが、そこはポールと私。

どちらもかなりいい加減。

「ポール、覚えてる?」

「覚えてない」

「そうだよね。私も覚えてない」

でも、管理会社にどこの保険会社か教えてもらえれば、って聞かれるのおかしくない?

そもそも賃貸アパートに入居するとき、火災保険の加入は強制的でしょ。

入居時に、保険会社を選ぶ余地もなく、更新だって半ば強制でしょ。

しかも12戸入っているアパートで、それぞれが別の火災保険に入ってるってことなの?

と、思って、仲介してもらった常口アトムに電話してみましたが、、
「私たちは、仲介するのが仕事であって、管理は管理会社がすることです。契約書の控えはありますが、火災保険契約については、全く感知しておりません」と全く取り合う姿勢なし。

そして、今度は、管理会社に電話すると、
「常口さんが知らないって言ったんですか?それはありえないですよね。私どもの会社も最初からじゃなくて、途中でお宅のアパートを管理委託されたので、火災保険については全くわからないんですよ」。

はぁ~?!

じゃ、あんたたちが仲介したり、管理しているアパートが放火で全焼でもして、住人が死んじゃって、保険証券がない場合は、どうすんのさ。

保険会社がわかんないから、知らない、誰か実費で払え、ってかい?!

そんなもん、誰も払うわけないじゃん。

なんなの、この対応の甘さ。無責任さ。

そもそもは、保険証券をなくした私たちが悪いんだけど、なんだか釈然としないな~。

結構高そうなガラスだし、自分が壊したわけでもないのに、数万円も払うのは、納得いかない。

いつなんどき、どんな災難が降りかかってくるかわかりません。

火災保険証券はしっかり管理しましょう。ってか、それが普通か。

空き巣事件 その2

空き巣事件にあって以来、その後処理に追われる始末。

本当に面倒で、心底腹立たしいことこの上ありません。

なんで、何も悪いことしてないのに、こんな目に合わされなくちゃいけないのーー!って怒りで一杯。

でも、ポールの教室のケース。

昨日アップした写真でご覧の通り、窓の鍵の回りを壊すという、明らかに空き巣目的の犯行。

なのに、警察によれば、何も取られていなかったので、今回のケースは、『空き巣』事件として処理されるのではなく、ただの『器物損壊』になるんですって。

ただ単に「物を壊された」ってわけではないので、絶対その振り分けは違うと思うんだけど、『空き巣』は何か盗まれた場合にだけ、使われる言葉なのだそう。

じゃ、空き巣被害○件、なんてよく報道されてるけど、今回のようなケースはその中に含まれないってこと?!

言われてみれば、確かにそうかもしれないけど、なんだか腑に落ちないな。

でも、警察の人が、本当に力強く言っていました。

「特に女性は、絶対に1階に住んじゃだめ」。

今回のような表には出ない、未遂のケースがものすごく多いことを考えると本当に恐い。

空き巣事件!

今日の夕方、会社に、ポールの教室があるアパートの管理会社から電話が。

ポールの電話が通じなかったので、連帯保証人の私の、しかも緊急事態ということで、職場に電話がかかってきたわけなのだけど、緊急事態とは何かというと、ナント

空き巣!

「ご主人が借りているアパートの部屋の窓が割られていて、空き巣にやられたみたいなんです。至急、盗まれているものがないか確認して、警察に被害届けを出してください!」。

緊迫した感じで言われて、慌ててポールの携帯に電話。

私:「ポール、今どこ?!大変なことが起きたみたい!教室に行ってみた?」

ポール:「うん、今教室にいるよ。誰かが窓ガラスを割って家に入ろうとしたみたいなんだ」

えっ、それだけ?!

「誰かが家に入ろうとしたみたい」ってのんきに言ってるけど、いいの?!

空き巣に狙われるなんて大変なことじゃん・・・って、思いつつ、ポールのいつもと変わらない様子にすっかり拍子抜け。

さすがはポール。

イギリスで、これまで所有した車10台すべてが盗まれているだけのことはある。

全く動じません。微塵も・・・です。

英会話のレッスン用に借りている教室なので、金目のものは一切なし。

加えて、窓の鍵が特殊なものだったので、空き巣も窓は割ってみたものの、窓の鍵を開けることができず、中に入ることはあきらめた模様。

そのため、不幸中の幸いで、窓ガラスを割られたこと以外の被害は一切なかったのですが、ポールのアパートが空き巣に狙われたのはこれで二度目。


警察によれば、平岸界隈で、この手の空き巣が春以降頻発しているらしく、みんな同じ手口なのだそう。

この手の空き巣のねらい目は、「一人暮らし用の小奇麗なアパートの1階でピアノ線の入っている窓」なんですって。

ガラスの修理やら何やら、明日、関係各所に連絡しなくちゃならないことを思うと本当に憂鬱。

このアパートに入っても、悪いけど何もないんだから、ホント勘弁して。

いっそ、ポールが言うように、「ガイジンが住んでいます。お金はありません」って張り紙をした方がいいかも。

クン・ポー・チキン

今夜のディナーは、ポールお得意の中華、『Kung Po Chicken(クン・ポー・チキン)』。


日本では、あまりなじみのないこの中華料理。

案の定、検索してもほとんどヒットしませんでした。

チキンとキャベツ、パプリカをクン・ポー・ソースで炒めたもので、とっても辛くて激ウマ。

ソースは、すりつぶしたにんにくとガーリック、醤油、酢、砂糖、チリで作ります。

スパイシーでチキンと本当によく合います。

イギリスのチャイニーズ・テイク・アウェイでは、結構メジャーなメニューなのだそう。


この写真は、ポールが学生のとき住んでいたアパート。

昨年のイギリス里帰りツアーで、立ち寄ってみましたが、当時と何も変わっていないそうで、ポールが頻繁に利用していたという1階の『チャイナ・ガーデン』というチャイニーズ・テイク・アウェイのお店もそのまま。

ちょうどお腹がすいていたので、このお店に入り、『クン・ポー・チキン』をメニューに見つけて迷わずオーダー。

それまで、ポテトやサンドイッチばっかり食べていたせいか、その時、久々に食べた中華のおいしかったこと!

今夜は、その時の味を再現しつつ、チリたっぷりの、ポール・オリジナル激辛バージョンで。

テイク・アウェイよりも断然ウマい中華の出来上がり

ガーデニング

この家に引っ越してきてから、ちょうど1年。

今年こそ、ガーデニングをはじめようと、今までほとんど手付かずの荒れ放題だった、ささやかな庭の手入れを開始。

まずは、駐車場脇の小さな空きスペースから。

最初は、去年植えた小さな木が数本あっただけ。

そして、今年は、色とりどりの仲間がちょっとずつ増えてだんだん賑やかになってきました。

可愛いでしょ。

木も花もポールのセレクトなのですが、花はとにかく色があざやかなものが好き。

なかでもオレンジや赤の「ケイトウ」にはすっかり惚れ込み、「カタチも色も大好き!」と褒めちぎっています。

上の写真でみると、狭さがあまりわかりませんが、

この通り、『奥の細道』ばりに狭い空きスペースです。

良いところは、その狭さゆえ、水やりもあっという間に終わるので、手がかからないこと。

そして、今日は、裏庭に着手。

芝生を植える予定で、先週、ポールがせっせと耕した裏庭。

右上に見えるのが、これから敷く芝生ロール。

30枚購入して、その重さ300キロ。

半分終了。

その後、もう半分も無事終了したところで、すっかり夜。

ちょうどここ数日、ぐずついていて雨が多かったので、土がたっぷり水を含んでいて、芝生を植えるには絶好のタイミング。

全部芝生を貼り終わったところで、お隣のおじさんが出てきて、「たいしたもんだねー、ゴルフの練習ができそうだね」とにっこり。

お願いだから、枯れないでね。芝生ちゃん

これから1週間が勝負なんですって。

ポールによれば、この裏庭が、これから徐々に美しいイングリッシュ・ガーデンに変貌していくらしい。

彼の完璧なプランの中で、ちょっと・・・というかかなり気になったのが、『もみじ』を植えようとしていること。

合う?!イングリッシュ・ガーデンと『もみじ』。

どんなイングリッシュ・ガーデンが出来上がるのでしょう。。。

こんな感じなので、毎週末のジョイフル・エーケー通いはこれからもしばらく続きそう。

美しいイングリッシュ・ガーデンに乞うご期待

プレゼント・ウィーク

今週は、何故かいただきものの多い、幸せなプレゼント・ウィークでした。

手作りお菓子の天才、SIZUさんからいただいたアーモンド・ビスケットをスタートに、

カナダに行くことになったポールの生徒さんから、最後のレッスンでお礼にいただいた「きのとや」のシュークリーム。

会社の送別会で、私は送る側だったにも関わらず、送られる側の方からいただいた、手作りチョコのお店、ショコラティエマサールのショコラ詰め合わせ。

ポールには、「本当にスウィーツが好きだよね」っていつも笑われるけど、スウィーツなしでは生きられない私には、本当にうれしい一週間でした。

そして、最後は、沖縄土産でいただいた「あわもり」。

写真を撮ろうと思ったら、すでにポールが1本飲み乾していたので、慌てて瓶を集めて箱に入れなおして撮影。

ポールのやつ、本当に油断も隙もありゃしない。

私がスウィーツに気を取られている間に、やられたー。

私も3本、飲み比べしたかったのに

エイジング

最近、心身ともにエイジングを身にしみて感じるようになってきました。

たとえば、「心」では、若い頃は、社会人としてキャリアを積めば積むほど、寛大な心の持ち主になるものと信じていました。

が、実は真逆。

キャリアを積めば積むほど、頑なになっている気がします。

新人の頃は、自分の仕事でもないのに、訳も分からず「ハイ、ハイ」と元気に返事して引き受け、がむしゃらに働いていたものですが、だんだんと、「それは私の仕事じゃない」とか、「なんでそんなことまで私がしなくちゃいけないのよ」と考えるようになり、寛大な心どころか狭小な心になってきます。

そのたびに、「いかん、いかん」と身を引き締めている今日この頃ですが、こういう態度こそがおそらく「お局様」へとつながっていくのでしょう。

そして、「身」。

肌の衰え、唇の乾燥。

かつては、想像もしなかった現象。

さすがに、もうヤバイと感じて、先日立ち寄った化粧品コーナーで、肌の水分量を測ってもらったところ、標準値をはるかに下回ってる。

完全に枯渇。。。

慌てて、スキコンで有名なアルビオンの『エクサージュ ホワイト ホワイトニング チャージャー』なるものを薦められるがままに購入。

そして、リップ。

油断すると、あっというまに乾燥して、まるでパサパサのクロワッサンみたいな唇に。

アットコスメで調査を重ね、エレガンスのグロスを買ってみましたが、これは大正解。

潤いがかなりあって、全然唇が荒れません。

よって、クロワッサン唇とは、晴れてサヨナラ。

思い起こせば20代の頃、30代後半の女性が合コン相手を探していると聞くと、

「えぇーっ、あの人まだ結婚あきらめてないんだー」とか、

近くで肌を見て、

「すげー、この人の鼻の頭、イチゴみたい」とか、

新しい化粧品を買った、なんて話を聞くと、

「もう30代後半でしょ。意味無いじゃん」、

みたいに思っていました。

いま、まさに自分ジャン。

そんな自分に『喝』

女はいくつになっても女。

エイジングとの戦いは、果てしなく続く・・・・。

ポールは、ひとこと、「それが人生でしょ。エイジングに勝てるはずもないのに、馬鹿みたい。。。」

うん、いいの、それでも。

それが女ゴコロ。

単身赴任

今日は、以前の部署でお世話になり、来月東京に転勤することになった先輩の送別会。

先輩の転勤話を聞きながら、「自分が転勤することになったら、一体私たちはどうなるんだろう」と近い将来のことで頭が一杯に。

サラリーマンだからこそ、転勤命令は絶対。

転勤拒否することは、会社勤めをする者としては、絶対にしてはいけないことだと思うし、転勤が嫌なら、最初からそんな会社は選んじゃダメ。

親も転勤族だったことに加えて、新入社員の頃は、見知らぬ土地で生活することにワクワクしていて、転勤にはなんの抵抗もなし。

転勤があったからこそ、函館でポールに出会うことができて今があるわけで、転勤そのものは否定するわけではないし、感謝こそしています。

社会人として、あるいは人として幅を広げるにはもってこいのシステムだとも思ったりするわけです。

でも、でも、今は?!

東京に転勤?!なんてことになったら、この結婚生活は一体どうなるの?

日本で生活する以上、私が生活を支えていかなければならないと覚悟しているので、転勤になっても会社を辞めることは絶対に無理。

ということは、つまり単身赴任。

賃貸のアパート暮らしのときならまだしも、家を買い、ポールが自分の教室を運営している今となっては、やむを得ない選択となるでしょう。

イギリスでも、もちろん単身赴任はありますが、日本ほど一般的ではないし、家族第一の彼らにとって、単身赴任は、本人はもちろん、会社にとって何のメリットもなし。

「家庭がうまく行ってこそ、仕事がある」という認識で、単身赴任は全くナンセンスというのが彼らの考え方。

一方、日本では、「単身赴任を喜ぶ夫婦」の話をよく見聞きします。

旦那さんは、勤務地で独身気分を味わいつつノビノビ、一方の奥さんの方も、旦那さんの世話から開放されてゆったり。

私たち夫婦は、日本とイギリスのミックスなわけで、社会システムについても、大きな違いがあるからこそ、理解しあわなければならないところもあると思っています。

ポールも結局は、単身赴任にも理解を示してくれることでしょう。

ただ、共通している考えは、

「結婚生活は、一緒にいてナンボ」だということ。

「泣く泣く」単身赴任することはあっても、「喜んで」離れて住むことは絶対にないような関係でいたいものです。

サッカーに見る日本文化

日本対クロアチア戦を見ていたときのポールの様子は、日曜日のブログに書いたとおりでかなりの熱さ

イギリス人魂が黙っちゃいないのか、暴言吐き巻くりのFワード満載。

それもこれも、日本を心から応援していてくれているからこそ、とここは大目に見てあげましょう。

翌日、冷静になって、前日のゲームについて2人で振り返り?!をしていたとき、興味深かったのが、「ゲームのあらゆる場面で日本の文化が悪い方に作用してる」という彼の指摘。

まず1つ目。「先輩、後輩の精神」。

今回のスター選手は、もちろんヒデ。

誰もが彼を恐れ崇めているがために、彼の前では、他の選手が完全に萎縮してしまい、思うようにプレーできていない。

若い選手たちが、スタンド・プレーを恐れているようにしか見えない。

そして、2つ目。『謙虚で控え目』。

誰かの指示がなければ、動くことができていないし、ヒデや俊輔などのスタープレーヤーに頼り過ぎ。

謙虚すぎて自分で判断しないから、常に指示待ちでリアクションが遅い。

そして3つ目。『完璧主義』。

完璧でありたいがために、あまりにも失敗を恐れすぎている。

失敗や批判を恐れるあまり、チャンスをなんとかものにしようという気概が足りずにチャレンジしようとしていない。

つまり、日本人選手の多くが、

「ヒデさんが失敗しても、天才でも失敗することがあるんだ、で済まされるけど、僕みたいな若造がシュートして失敗でもしたら、十年早いだのなんだの、何を言われるかわかったもんじゃない。もし仮にここでシュートを決めて目立っちゃったら、ヒデさんや俊輔さんに悪いし・・・。ここは、ベテランにまかせるとするか!」、というようなところでしょうか。

ポールによれば、これらに全くあてはまっていなかった唯一の選手がサントスなんだとか。

言われてみれば、確かにそうかも。。。

ポールが指摘している部分は、本人が自覚していなくても、無意識のうちに日本人選手の動きをコントロールしているのかもしれません。

他国の選手は、先輩・後輩など全く関係なく、「ここが就職活動の場」とでも言わんばかりに見せ場を作ろうと必死。

そう考えると、日本チームには、年功序列のポジションが一番機能的ってこと?!

さあ、次はブラジル戦

そこんとこ、じっくり観察してみるつもりです。

ワインバーのはしご

今日は、週の初めの月曜日だというのに、フランスつながり4人のワイン会で、ワインバーをはしご。

まずは、『Wine Bar Dining ”宙” SORA 南1条店』へ。

ご覧のとおり、キャンドルが揺らめく、白と茶を貴重にしたとっても落ち着けるコンセプトの店内です。

このロマンティックな雰囲気は、デートにもお勧め。

いまなら、ちょうど1周年記念のスペシャルディナーが特別価格で楽しめます。

サービスも最高で、帰るときには、シェフも含めてお店のスタッフ全員で見送ってくれました。

2件目は、サッポロファクトリー近くの『ビストロ デジャ』(札幌市中央区北3条東5丁目5番 ℡011-219-6235)。

こちらは、”宙”とは打って変わって、赤や青をふんだんに使った、とってもポップな感じのお店です。

食事の後だったので、『デジャ』では、ワインを飲むことしかできませんでしたが、お料理の方も、そそられるメニューがたくさん。

次回は、1件目にして料理も堪能しよう!と誓って、お店を後にしました。

聞けば、今、札幌では、創成川イーストエリアが熱いらしい

今まで、ほとんど行ったことがなかったけど、確かに見回すと、素敵なお店がたくさん見つかりそう