クン・ポー・チキン

今夜のディナーは、ポールお得意の中華、『Kung Po Chicken(クン・ポー・チキン)』。


日本では、あまりなじみのないこの中華料理。

案の定、検索してもほとんどヒットしませんでした。

チキンとキャベツ、パプリカをクン・ポー・ソースで炒めたもので、とっても辛くて激ウマ。

ソースは、すりつぶしたにんにくとガーリック、醤油、酢、砂糖、チリで作ります。

スパイシーでチキンと本当によく合います。

イギリスのチャイニーズ・テイク・アウェイでは、結構メジャーなメニューなのだそう。


この写真は、ポールが学生のとき住んでいたアパート。

昨年のイギリス里帰りツアーで、立ち寄ってみましたが、当時と何も変わっていないそうで、ポールが頻繁に利用していたという1階の『チャイナ・ガーデン』というチャイニーズ・テイク・アウェイのお店もそのまま。

ちょうどお腹がすいていたので、このお店に入り、『クン・ポー・チキン』をメニューに見つけて迷わずオーダー。

それまで、ポテトやサンドイッチばっかり食べていたせいか、その時、久々に食べた中華のおいしかったこと!

今夜は、その時の味を再現しつつ、チリたっぷりの、ポール・オリジナル激辛バージョンで。

テイク・アウェイよりも断然ウマい中華の出来上がり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です