火災保険

空き巣に窓を壊され、その修繕で困ったのが、どこの「火災保険」に加入しているかわからない!という事態。

賃貸アパートの管理会社によれば、「火災保険の会社を教えてもらえれば、すぐに窓ガラスを修理して、その修理費用も保険で全部カバーできるはず」とのこと。

そうか、良かった~。火災保険ってこういう場合もカバーしてくれるのね。

掛けておいてよかった。でも、待てよ、保険会社、どこ?!

更新したことは覚えてるけど、証券もどこにあるかわからないし、領収書も一体どこ~?

几帳面な人なら絶対起こらない事態ですが、そこはポールと私。

どちらもかなりいい加減。

「ポール、覚えてる?」

「覚えてない」

「そうだよね。私も覚えてない」

でも、管理会社にどこの保険会社か教えてもらえれば、って聞かれるのおかしくない?

そもそも賃貸アパートに入居するとき、火災保険の加入は強制的でしょ。

入居時に、保険会社を選ぶ余地もなく、更新だって半ば強制でしょ。

しかも12戸入っているアパートで、それぞれが別の火災保険に入ってるってことなの?

と、思って、仲介してもらった常口アトムに電話してみましたが、、
「私たちは、仲介するのが仕事であって、管理は管理会社がすることです。契約書の控えはありますが、火災保険契約については、全く感知しておりません」と全く取り合う姿勢なし。

そして、今度は、管理会社に電話すると、
「常口さんが知らないって言ったんですか?それはありえないですよね。私どもの会社も最初からじゃなくて、途中でお宅のアパートを管理委託されたので、火災保険については全くわからないんですよ」。

はぁ~?!

じゃ、あんたたちが仲介したり、管理しているアパートが放火で全焼でもして、住人が死んじゃって、保険証券がない場合は、どうすんのさ。

保険会社がわかんないから、知らない、誰か実費で払え、ってかい?!

そんなもん、誰も払うわけないじゃん。

なんなの、この対応の甘さ。無責任さ。

そもそもは、保険証券をなくした私たちが悪いんだけど、なんだか釈然としないな~。

結構高そうなガラスだし、自分が壊したわけでもないのに、数万円も払うのは、納得いかない。

いつなんどき、どんな災難が降りかかってくるかわかりません。

火災保険証券はしっかり管理しましょう。ってか、それが普通か。

5 Replies to “火災保険”

  1. まっだぁーむ、落ち着いて~
    構造改革が個人レベルまでおりてきているのか、自己責任を問われる出来事が多いね。日本も変わったもんだー
    大家さん不明なら、管理会社へ再チャレンジ!!
    気分転換の話題をひとつ
    u-koさんがママになりましたー
    女の子だそうです{赤ちゃん}

  2. 常口アトムって本っ当に当てになりませんよ~{プンスカ}
    対応が最低です。
    仕事柄、お客さん(新居探しの話題になった時)からもいい話聞きませんねぇ{BOO}
    私も以前アトムに散々振り回されて最終的には猛烈にプッツンして担当者を土下座させました。
    <太><色:#ff0000>常口は要注意です{超びっくり}
    5年も前なのに、今考えただけで頭にきます{怒}

  3. >TOMOKOさん
    本当に、最近の日本は、こんな末端まで一体どうなっちゃってんの?
    すべて自己責任なの?
    自分さえ良ければそれでいいの?
    調べてくれたっていいじゃない?!ってかなり憤っているので、今は、窓修理については、そのままテープ貼って無視してます。またやられて、同じこと繰り返すのもやだし。
    U-koさん、ママになったんですね!
    実にめでたい。U-koさんなら、絶対いい母になれるはず。
    祝杯{ワイン}あげてます。
    >snowさん
    私の常口に対する悔しさ分かっていただけて、本当にうれしいです。
    本当にあの対応はなってません。
    調べればわかるくせに、当時の担当者の名前を言っても、「あー、もう辞めちゃったんですよね~」ですよ。
    わかんないなら、大家に聞けっつーの!
    仲介業者の責任を持ち出したら、今度は逆ギレ。
    なんつー、いい加減な対応なの!ってワナワナと怒りで手が震えましたよ。ホント。
    自己責任といわれればそれまでだけど、ヒトとして、こんな窮地に追い込まれた状態で助けを求めてるんだから、もっと誠実に対応して欲しかったです。
    少なくとも、最初の電話で無下にするんじゃなくて、「お約束はできませんけど、なんとか調べてみます」くらいは言って欲しかった。
    本当にヒドイ、ひど過ぎる。
    また怒りがフツフツと沸いてきました。
    今回の一件で、もう二度と借りるまいと心に誓いました。

  4. こんにちは。はじめてコメントします。
    ポールの生徒の者です。
    以前、もう5年前くらいになるのですが、友人が常口を介してアパートを借りており、空き巣被害に遭いました。
    保険料を常口に支払っていたので、常口に問い合わせたところ、2万円ほど支払った保険代を、営業マンがポケットマネーにしていたことが判明。
    「このことは内密にしてください。」と言われ、盗まれた分は全額返してもらえたそうです。たしかお詫びにいくらか上乗せしてもらっていたはずです。
    ポールの教室の部屋も、保険代だけ徴収されて実は保険に入っていなかったということも考えられるのではないかと思います。
    もう決着がついているのかもしれませんが、もしまだ現状が変わっていないようでしたら、そのような事態も想定しておかれたほうがよいのでは、と思って、コメントさせていただきました。
    本当に腹立たしい対応で、許せないですね。
    でも、そんな対応をしているような会社は、早かれ遅かれ衰退していくと思いたいですね。許せん!!!

  5. こんにちは{スマイル}
    yukiさんのお話は、ポールから良く聞いているので、はじめての感じがしなくてもうすでにお友達のようです。
    さて、火災保険の話、ポケットに入れていたなんて本当にひどい話ですね。
    今思えば、そんなことがあるから、常口も妙に構えていたのかも。
    電話したとき、全く調べようともしてくれなかったし。
    今思い出しても本当に腹のたつ対応そのもの。
    「わかんないなら、大家に聞けば」、って感じでこちらも逆切れしてしまって、保険が効かないまま、また空き巣に同じことやられたらたまらないので、「じゃ、そのままにしておきます」ってことで、その後進展なし。
    本当に貸すときばっかりは調子いい癖に、本当にひどいサービス。
    急速に拡大した会社って、総じて社員教育がひどい。
    とっても参考になる情報をどうもありがとうございました。このお話、今度電話したときに使わせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です