あり得ない!

仕事上で、まさに「あり得ない!」重責を担うことになるかもしれない事態になってしまいました。

わずか数週間前までは、自分には関係ないと思っていたことが、複合的要因が重なり合い、私の上に、ドーンと落っこちてきてしまった感じです。

頼まれたら断れない性格のため、その重責を引き受けたはいいものの、反響があまりに大きく、周囲の人たちが戸惑っている様子に、私が自分で最終的に下した「引き受ける」という判断が正しかったのか否かが本当にわからなくなってきてしまいました。

その反応のほとんどは、私が最初に感じたのと同様、

『そんなの、あり得ない!』

この言葉、何度聞いたことでしょう。

こう判断する理由は、簡単に言うと、

「誰も引き受けたがらないような重責であり大変な仕事を、女性でしかもまだ実力が伴っていない私のようなものが引き受けざるを得なかった」

ということに対する驚きです。

いろいろな反応があり、私もその反応にいろんな思いをいだきました。

「本当に大変だね~、男どもは一体何やってんの?職場がおかしいよ」。

私に言われても困ります~。私の代わりに職場に言ってやってください。

「引き受けるなんて、本当に偉い。感動したよ」。

本当にありがとうございます。頼まれると断れない性格なんですが、そう言っていただけると、引き受けて良かったって本当に思います。

「どうして断らなかったの?!断れば良かったのに」。

私だって断りたいのはヤマヤマです。なんの事情も知らず、無責任にこう発言された場合は、言い返せない分、思いっきり脱力してしまいます。

「仕事が大変なこと」や、「男性・女性」ということは、これまで平等を求めてきたのですから、今更言っても仕方ありません。

ただ、それ以外の反応の部分は、「信用できる人か否か」をとても冷静に判断できる材料となりました。

相手の立場に立って考えてくれる人なのかどうか。

切羽詰った状況にあるが故、いちいち相手の言葉にナーバスに反応してしまい、どっぷり疲れています。

こういう時こそ大切なのが、自分が下した判断を信じてとにかくブレないこと。

そうは分かっているのに、もはや「占い」さえも頼りたい心境です

どうなることやら。。。