アメリカン・アイドル

水曜夜10時は、FOXチャンネルの『アメリカン・アイドル』。

前にもブログで1度紹介しましたが、これ、本当にすごい番組なんです。

アメリカで脅威の視聴率をはじき出した視聴者参加型公開オーディション番組で、一度見始めるとすっかり病みつきになります。

歌のうまさ、パフォーマンス、素人とは思えない人たちばかり。

彼らの自己表現のうまさ、自己主張の強さも見るべき価値ありです。

今の放送は、第5シリーズの再放送なので、ポールと私は、誰が優勝したかすでにわかっているのだけど、それでもやっぱり見てしまい、1曲終わるごとに、あーだ、こーだと素人批評して楽しんでいます。

毎回、選曲のテーマが決められていて、本日のテーマは、ポールが大好きな『Queen(クイーン)』。

ポールのイチオシは、スキンヘッドのクリス。

私のイチオシは、エリオット。

そして、何より面白いのは、審査員でイギリス人プロデューサーの辛口批評家サイモンのコメント。

今日もすごかったです。

一生懸命歌い終えたファイナリスト達に、

「ひどすぎる」、「奇妙だ」、「『死霊のはらわた』かと思った」、「酔っ払いのカラオケみたいだ」・・・・と次々に酷評を浴びせます。

あげく、彼のイギリス・アクセントについて、ファイナリストのひとりに

「訛りがひどくて、彼が何を言ってるかわからないの。。。」などと反撃される始末。

「あなたらしさが出ていない」、

「君の力があれば、もっとできるはず」、

「選曲はよくなかったけど、歌唱力はピカイチだ」、

などなど、必ず相手を気遣った前向きなコメントをしている他の2人のアメリカ人審査員とは大違い。

正直がモットーのサイモン、なんと3年間で出演契約料が54億円なのだそう。

それを聞くと、あの意地悪なコメントもわざと・・・なのかも。

そうとわかっていても、審査員を見ているだけで、アメリカ人とイギリス人の、英語の発音の違い、表現の仕方の違いを知ることができるので、英語を勉強中の人に、特にどちらの国に留学するか迷っている人には、お奨めの番組です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です