色違い

最近の洋服選びの傾向=完全なる2色買い。

以前は、色違いの服を買うのは、とってももったいないことだと思っていました。

2着必要なら、色も形も全く違うテイストのものを買うのが当たり前。

だって、同じ形なんて面白くないもの。

と、思っていたのに、ここ1年くらい、色に迷って両方買う、ということが異常に多いんです。

サマーニットに、

シフォンブラウス、

Tシャツ

スカートも。

一見贅沢なようですが、基本的にセール買いなので、1枚の値段で2枚購入しているだけです(貧乏くさっ

自分なりにこの現象を分析してみると、最大の理由は、

欲しいと思える服に出会える回数が激減してしまったから。

「今日は、洋服買うぞ!」と思って、お財布の紐ユルユルででかけても、「欲しいな~、着てみたいな~」と思う服にはなかなか出会えなくなってきたのです。

数年前までは、アレも欲しい、コレも買いたい、だったのが、不思議なくらい「ない」

本当に「ない」

だから、いつの頃からか、気に入ったものやサイズがぴったりのものが運良く見つかったら、2枚まとめてお買い上げ、が常になってしまったのです。

でも、実は、「欲しい服」が山ほどある場所は、わかっているんです。

『ミッソーニ』と『イブ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ』。

特に、ミッソーニのニットワンピース、欲しい~っ!

素敵すぎる~っ!

よだれが出るほど欲しいけれど、とてもじゃないけど、高すぎて買えない・・・

年齢とともに、「欲しい服と買える服の距離がどんどん遠くなっている」のを感じる今日この頃です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です