バブーのしつけ

小さい頃からワンコと一緒に生活していたポールと違い、これまでペットとは無縁の生活を送ってきた私。

バブーを迎え入れたはいいものの、一体どう接していいやら・・・。

ポールに躾をまかせっきりにしておくと、将来、私の言うことを全く聞かなくなったら困るし。

私も私なりに頑張らなくちゃ

ということで、ポールに負けないように、バブーの気持ちを理解すべく、子犬のしつけ関連本をまとまて購入。

ただ、躾のための言葉はどうしよう?

「座れ」、「待て」は使えないよな。

ポールはすでに英語で躾をしているし。。。

バイリンガルってわけにもいかないよな。

本屋で本をパラパラめくってみると、

甘やかし過ぎないように。

あまり叱らないように。

共通して書かれているのは、『幼少期の今が最も大切な時期』だということ。

それは人間のこどもと同じよね。

・・・うーん、難しい。

いろいろ考え込みながら帰ってきた私を、バブーは、

『おかえり』って言葉が聞こえてきそうな笑顔でお出迎え。

可愛いから、トレーニングは、まっ、後でいいや。

この写真を見たポール。

『恐いよ。大きな頭に尻尾が出てるみたいに見えるよ』ですって。

違うの、帰ってきたときの私の目線で取った、お座りして上を見上げるバブーの写真なの

“バブーのしつけ” への10件の返信

  1. バブーは元気ですかー?あはは。
    只今、仙台に出張中です。
    ポールから電話をもらったんだけど、厄介な(仕事上の)飲み会の最中でして(汗)、電話に出ることが出来ませんでした。いやぁ、疲れました・・・、話が長くって。ジャパニーズサラリーマンのお仕事だと思ってお許し下さいw。
    加えて、モバイルのノートパソコンなもんで、メールのアドレスも分らず、時間も遅かったのでこちらにコメントさせて頂きました。何の用事だったのかな?
    また電話に出られないと申し訳ないので、携帯のメールアドレスを書いておきます。ヤプログのログイン画面で、この記事のコメント欄を見るとアドレスが書いてあります。
    ではでは。

  2. またきました♪
    犬のしつけは小さい頃が大切って聞きました。 私も家のワンコ(ばじょー)が小さかったときにしつけ教室につれていきました。
    やぱり他の犬を横目に自分もがんばらなくちゃっていう気がわくのか、そのあとから随分しつけができるようになりトリックも随分できるようになりました。 しつけ教室とかについては賛否両論ありますが私はやってよかったなあって思ってます。
    私はこの写真かわいいと思います!{いぬ}

  3. いやーん。もうちゃんとお座りしてる~{いぬ}
    うちのコは何を間違ったのか、「おすわり!」って言うとうつむいてお座りしちゃうんです・・・たぶん、ゴハンあげるときに教えたからだな(汗)
    ところで私も同じ~躾の本、買いまくりました(笑)
    もう、最初は心配なことばっかりだし、家族の誰も飼ったことなかったし。
    だけど、そこは子育てと同じ!?やはり本の通りにはいかない事も多くって・・・試行錯誤・・・
    しつけ教室、私も時間と足があったら行きたかったです。というか、子犬の時、もっと一緒の時間を多くしてあげてたらキチンとしつけられたかなあと。
    当時本当に忙しい時だったので(だから癒されたくて飼ったんですけど)、家族任せにして失敗したとこもあったから。
    うーん。
    そう考えると私も無茶な飼い方をしてたのかも~(今もしてるか)
    そして早くお散歩させたいポールの気持ちも判らないでもないですが、先生に健康状態を見ていただいて、色々相談してからの方が安心じゃあありませんか♪
    もうちょっとガマンガマン。

  4. 連絡が遅くなりましたが・・・
    家のメールアドレスも変更になってます。
    迷惑メールが多すぎて(汗)。
    ではでは。

  5. こんばんは!
    バブーすごくかわいいですね!!
    私も飼いたいんですが、アパートで飼えないのでうらやましいです。
    私の実家でも、犬を飼っているんですが、
    うちはラブラドールレトリバーで、すごく好奇心旺盛な分、かなりやんちゃで家族みんなノイローゼになりそうになり、トレーナーさんにトレーニングを習いました。
    そこで習ったことの一部を、余計なお世話かとは思うのですが、コメントさせてください。
    犬は、小さいうちに、たくさんの犬や人に会わせて社会性を身につけることが大切なんだそうです。
    だから、グリーンドームなどでよく催す「ワンワン大行進」などのイベントに連れて行ったり、友人や親戚に会わせたり、ドックランに連れて行ったりしました。
    それから、「ハウスがどこよりも安全で安心な場所だ」と犬に認識させるために、ごはんやおやつをハウスであげて、怒った時には絶対にハウスには入れない、ということを徹底しました。
    今2歳とちょっとですが、すごくいい子に育ちましたよ。
    留守番のときも、喜んでハウスに入ります。
    トレーナーさんに教えてもらわないと私たちはわからないことだらけでしたが、eriponさんはポールがいるから心強いですよね。
    とはいえeriponさんも、今が一番大変なときだと思いますが、がんばってバブーをしつけて、犬との尊い時間をすごしてくださいね。しつけた分だけ、犬との絆も強いものになると思います。
    ああ~、本当にうらやましいです!!!

  6. >どさんこさん
    ポールの用事は、ガレージの改造のことで教えてもらいたいことがあったようです。
    一部サイディングが必要な箇所があり、壁材は購入済みなのですが、その貼り付け方法について聞きたいそうです。
    といっても、この説明ではわかりにくいと思いますので、またポールから電話かメールが行くと思いますので、その際はよろしくお願いします。

  7. >ばじょーさん
    しつけ教室ってあるんですね。
    専門の人にある程度の基本的なことを教えてもらうのは必要なのかも。
    バブーは日々成長していて、最初はとってもおとなしかったのに、ちょっとやんちゃになってきています。
    いい子に育てなくちゃ、というプレッシャーだけはあるのですが、あまりに小さくて何をどうして良いやら。。。
    しつけ教室に行くと、他のワンコを見て自分も頑張ろうと思う、というのはとっても興味深いです。
    人間の子供と同じなのですね{スマイル}

  8. >SIZUさん
    バブー、お座りは得意なんです。
    静かだなと思って振り向くとなぜか後ろでじっとお座りしていたり。。。
    私もSIZUさんと同じく、今年はとっても忙しいだろう年で、それがわかっているので、癒されたくて、飼い始めました。
    本当に可愛くって、バブーと追いかけっこして遊んでいる瞬間は、嫌なことも仕事のこともすべて忘れられる。。。
    子犬の魔力ですね。
    成長が早くって、毎日楽しみと不安半分です。

  9. >ゆきゆきさん
    ゆきゆきさんの実家のラブラドールちゃんの話、ポールから聞きました。
    一年目は本当に大変で地獄だったと。
    その話を聞いて、そんなに大変なんだ・・・と、かなりブルーになりました。
    来たときは、かなりおとなしい子だったけど、最近かじるし、吼えるし、問題行動も出てきたような気が。
    私もポールもずっと一緒にいてあげられるわけじゃないので、専門のトレーナーさんに、ある程度しつけをしてもらう、というのも必要な気がしてきました。
    来週が最後のワクチンで、それが終わったら散歩が可能になるので、そうしたら、社交性を身に付けさせるよう頑張ります{スマイル}
    本よりリアルでアドバイスとっても助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です