日英教育方針で対立

バブーのしつけをめぐり、日英の教育方針の違いで対立しています。

ポールにしてみれば、日本の子犬の育て方はあまりに過保護。

『ワクチンが終わるまで、シャンプーはダメ』と日本では指導されていますが、ポールは、

『何が問題なのかわからない。全然平気だよ』

そうかと思うと、最近多くなってきたバブーの無駄吠えについては、逆に甘い。

どの本を読んでも、

『ウェスティーは無駄吠えが多くなるので、しつけが大切』

と書いてあります。

これのことだな、と思って、バブーが吼えたとき、

私がバブーをにらみつつ大声で『No!』と注意。

するとポールは恐い顔で私を見て、

『今、なんでバブーにNo!って言ったの。

何か言いたいことがあるから吠えただけだよ。

怒ることじゃないよ』

と私を制したうえで、バブーに向かって猫なで声で、

『どうしたの、何かあったの、バブー。そんなに大きな声出して~

なんて、妙~に優しいの。

『だって、本に買いてあったんだもん』

『こんな小さな子にわかるわけないだろ。悪いことしたわけじゃないのに』

しつけは自分がするから、私は何もしなくていい(というか、するな)、というポール。

私だって、バブーの親なのにー。キィーーーッ

そんな2人をソファーの下からじっと見つめるバブー。

暗闇に浮かぶ『ポールの毛もじゃデカ足』とバブーのシルエット。ふんっ、組みやがって。

“日英教育方針で対立” への2件の返信

  1. えりこさん! お久しぶりで~す♡
    ワンコ購入したんですってね~{いぬ}
    いいですよね~ワンコ♡ 私も小さい時から常にペットがいるので~なんかいない方が変な感じする。。。
    オランダに引越ししたらワンコを買ってもらう予定です(笑)
    うちにもラブラドール・レトリーバーがいるので、気持ちよく解りますよ~{グッド}
    もう彼女は犬じゃなくうちの娘ですから(笑)
    うちも女の子なんですが~大人になると色々大変です。
    頑張ってくださいね~{パチパチ}

  2. こんにちは。
    お久しぶりです!
    オランダに行ったら、オランダのワンコとの接し方みたいのがきっとあるんでしょうね。
    子犬の今も相当大変な予感ですが、おとなになったらもっと大変になるのか。。。うーむ。
    いい子に育って欲しい。
    ポールの指導で頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です