スパゲティ・カルボナーラ

昨日の夜は、ポールが、初めて、スパゲティ・カルボナーラ作りに挑戦。

好きで、よく外では食べてるそうだけど、今まで作ったことがないということで、レシピを調べて早速クッキング。

初めて作ったとは思えないほどおいしくて、本人も、『これまで作った料理の中でベストかも』とご満悦。

私が大絶賛しながら、食べていると、

『でも、材料も少ないし、すっごく簡単なんだよね。失敗する方が難しいかも・・・』とご謙遜。

そうなんだ、カルボナーラって簡単だったんだ

レストランでしか食べられないものかと思ってた。

ポールが作ってくれるイギリス料理は、大抵ものすごく時間と手間隙がかかるものが多いので、食べたいものがあっても、その大変さを思うと、なかなかおねだりしにくい。

この30分でできるイタリアンなら絶対、大丈夫。

きっと、「えっ、そんなんでいいの?」って言って、これからも快く作ってくれるはず。

我が家のディナーのヘビー・ローテーション間違いなし。。。

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとクリックお願いします。

“スパゲティ・カルボナーラ” への2件の返信

  1.  こんにちは、eri-ponさん。ご無沙汰してます~。
    さて、この内容についてもの申させて! 最近、暇なので、私もよく
    スパゲティカルボナーラ、作ります。もちろん、レシピ通りに!で・・・
     あの料理は私に言わせると玉子が勝負で、ゆでたてのパスタと絡めるときがポイント。火が通りすぎると、半熟玉子パスタみたいになっちゃうし、火を止めてしまうとパスタがぬるくなっちゃうの。
     そして先日、母が来たときに、食べてほしくって作ったの。ソースが多い方が良いかなって思って少し多めにたっぷり。なのに、母がyo-tanをかまって、できたのに、なかなか食べてくれないの。待っている間にさめてしまったから、うかつにもちょっとチンしてしまったわけ。
     そうしたら・・・母が食べようとしたときに、麺がぜ~んぶくっついて皿の形で持ち上がったの~~~~!「味はおいしいよね。」なんて言いながらだったけど、料理を作った方としてはすごく悲しかった。。。
     料理は、作りたてが一番なんだよ。。
     何だか人に料理を出すのってすごく緊張して、「おいしいかな、どうかな」って気になっちゃう。レストランは開けないなって思いました。
     カルボナーラは失敗しない!なんて言い切っちゃだめよ!
     私の大失敗例でした。

  2. >みるりんさん
    ポールに話したら、めちゃくちゃ笑ってたよ~。
    パスタをチンするなんて、って。
    ポールは絶対失敗しない料理だって、言い張ってるよ。
    今は主婦なんだから、ポールに負けちゃだめよ。
    確かに料理して自分で食べるのはいいけど、ひとに出すときは緊張するよね。
    あんまり経験したことないけど、一応分かるわ。
    今度ポールと遊びに行ったとき、カルボナーラ作ってちょ{笑}
    『愛エプ』じゃないけど、ポールのコメント聞くとき緊張すると思うよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です