恐怖の爪切り

私とバブーの間の緊張が最も高まる瞬間。

それは『爪切り』。

フローリングなので、歩くときのカチカチ音が気になり始めたら、それは、要・爪きりのサイン。

ポールにバブーはまだ足の裏が柔らかいから、できるだけ公園内を散歩させるように言われているので、アスファルトの上を歩く時間がほとんどなく爪が削られないため、結構伸びるのが早い。

道路や床の材質、環境に違いがあるのか、イギリスではあまり爪きりは必要ないらしく、ワンコ育てのベテラン、イギリス人ポールも爪きり経験だけはなし。

本を5冊くらい読み漁り、爪きりの方法を頭に叩き込んで、いざ!

爪切りの恐怖を察したのか、怯えた目でこちらを見つめるバブー。

バブーを捕獲して、押さえるのはポール。

爪を切るのは私。

爪切りを見た瞬間、ポールの腕にがっちりホールドされながらも、バタバタと、力の限り暴れまくるバブー。

E : 『危ないから、ちゃんと押さえて!』

P : 『押さえてるよ!嫌がってるんだから早く!手早くやらないとダメだよ。いいから早く!』

E : 『早く、って言ったって、バブーが動くんだもん、切れないよ』。

P : 『何のろのろやってんだよ!あー、もー

何かとてつもない恐怖を感じるのか、悲鳴のようなかすれた泣き声をあげつつ、一瞬たりともジッとしていないバブー。

あまりの緊張で、初めて使うギロチンタイプの爪きりを持つ手が小刻みに震え、一本切るたびに、私の心臓もドキドキ・バクバク。

私が怖がっているのが伝わるから、バブーも怖いんだ・・・。

止血剤も用意してるし、万一失敗して切りすぎても、大丈夫。

でも、でも、できない。

とにかく焦りまくって大パニック。

なんで、こんなか弱い子犬の爪きりごときで大の大人が2人も慌てふためいているのか・・・。

傍から見ると、かなりアホっぽい。

それでも、なんとかかんとか、かなり雑だけど、後ろ足はオッケー。

でも、前足は。。。

さすがにできない。

だって、バブーがものすごい勢いで噛み付こうとして暴れるんだもの。

ポールも私も、ついに断念。

E : 『無理だね』。

P : 『うん』。

2人ともぐったり。

ということで、今回は已む無くプロにお任せ。

近くのトリミングサロンに爪切りをお願いすることに。

爪切りだけだと客として申し訳ないので、シャンプーと部分カットも追加。

そして、待つこと1時間。

爪も短くなって、真っ白でふわふわのバブーが登場。

耳に青い飾りなんかつけてもらっちゃって、なんだか、とっても女の子らしくってキュート。

このしおらしい姿。

さっきまで絶叫してた気狂いバブーと同じとは思えない。。。

何かの本に、『爪切りができないのは、飼い主として失格』って書いてたっけ。

ダメだ。こんなんじゃ。。。

お願いバブー、爪、切らせて。。。

人気ぐブログランキングへ。←クリックで応援していただけるとうれしいです。

“恐怖の爪切り” への2件の返信

  1. みみもツメきりにはかなり苦戦しました!!!!
    赤ちゃんのときから練習してたんですけどとにかく
    なにかで気を紛らわしていました。ポチは金属が
    スキなのでネックレスをつけて台にのせて切ってました
    けどそんなことしてたらネックレスが毎回壊れるので
    今はもう抱っこしながら切ってます♪なれますよ♪
    けっこう疲れちゃいますよねー。がんばってください!

  2. >みみさん
    抱っこしながら、爪きり。。。みみさん、うらやましいです。
    今の状況を考えると夢の世界。
    ギロチン・タイプの爪切りが使い慣れていないから難しいのかと思って、自分の爪切りを使ってみましたが、それでもダメでした。
    ここであきらめちゃだめですよね。
    飼い主として。
    獣医さんにも『これは躾のひとつなので、しっかり飼い主さんがやってください』って言われました。
    数週間後、多少の流血覚悟で、またトライしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です