『ぎょうざ』の街へ

昨日から1泊2日で宇都宮出張へ。

新幹線に乗るのはもう10年ぶりくらい。

全車両2階建の『MAXやまびこ』。

そして、栃木といえば、なんといっても『ぎょうざ』。

『ぎょうざ』の消費量が全国一ということで、すっかり有名になり、宇都宮の駅前通りを歩いていると、とにかく目に付くのが、『ぎょうざ』の看板。

噂には聞いていたけど、ここまでとは。

ということで、仕事の後の夕食は、もちろん『ぎょうざ』店へ。

メニューが『ぎょうざ』しかないのには、本当にびっくり。

他にチョイスなし。

『ぎょうざ』って、てっきりサイドメニューだと思っていたけど、ここではメイン。

こんなにたくさん『ぎょうざ』を食べたのは、生まれて初めてかも

お腹いっぱいになるまでしっかり堪能したあとは、JALの機内誌でも紹介されたことがあるという、とっても素敵なバー『パイプの煙』へ。

バー、というより大人な感じの素敵なパブ。

今頃イギリスのパブでギネスを堪能しているであろうポールを思い出して、ちょっとホロり。

とってもおいしいホット・スパイスト・ラムを2杯。

仕事仲間3人で、現在抱えている仕事上の悩みや問題などを熱く語り、宇都宮の夜は更けて行きました。

それにしても札幌から宇都宮までの出張。

2日間かけて、そのほとんどがただひたすら移動。

今朝、9時30分に宇都宮のホテルを出て、家に着いたのが、17時過ぎ。

お昼を食べた以外は移動のみ。

近くて遠い日本国内。

もっと便利にならないかな~。

人気ブログランキングへ。←クリックで応援してくれるとうれしいです。