女が働くって・・・

函館在住の大親友で、バリバリの営業ウーマンのT子さんが、札幌出張にぶつけて、日曜日から2泊3日で我が家に遊びに来てくれることになりました。

料理は泣けてくるほど苦手だけど、せっかく我が家に遊びに来てくれるということで、何か作ってみようかな。

ということで、まず、思いついたのが、『鍋』。

冬だし、鍋でもつついて、あったまりたいな~。

安易でしょー、単純でしょー。

確か、電気グリル鍋もどこかにあったはず。

やっぱり、あった。電気グリル鍋発見

良かった。これで、食材さえそろえておけば、料理上手のT子さんが味付けをしてくれて絶品の鍋を味わえるはず。

なのに、なのに、電気グリル鍋用の『電気コード』が、どこを探しても見つからない。。。

コードがなきゃ、使えないじゃん。

結局、普通の調理鍋で作る、私の味付けによるチゲ鍋に変更。

冬の食卓で囲む『鍋』の良さゼロ

ま、ワインがあれば、私たちは大丈夫。

ショートカットが良く似合う美人でおしゃれで聡明で、そしてなによりユーモアのセンスが最高

一緒に話していて飽きることのないT子さんとの、この時の話題の中心は『セクハラ』。

自分たちに起きたことじゃなくて、周囲で起きているセクハラ問題について、かなり真剣トーク。

今じゃ、『セクハラ』については、相談するより、完全にされる立場の私たち2人。

デリケートなテーマなだけに、最後は2人で、「本当に難しい問題だよね」。

そして今朝、朝一番の飛行機に乗るため、夜も明けないうちに家を出て、タクシーに飛び乗り、颯爽と帰っていったT子さん。

女が働くって、結構大変。

人気ブログランキングへ。←ポチッとクリックして頂けるとうれしいです

“女が働くって・・・” への2件の返信

  1. eriponさん、こんばんは!
    チゲ鍋いいですねー。あったまりそう。
    セクハラ問題は、働く女性には、永遠についてまわる問題ではないでしょうか。
    とくに今いる職場は古風で保守的なところなので、
    「こいつ、死ななきゃ治らないな」と思う化石がゴロゴロしています。
    (言葉が悪くて、すみません!ついつい感情が・・・)
    結婚する前は、セクハラに身の危険を感じたりして、
    「あーこんなとき結婚していれば、無条件で夫が守ってくれるのに」
    と思ったりしたものです。
    でも、結婚した今も、身の危険までは感じないにしろ、
    違う形でひやかしに似たセクハラがあります。
    でも、これまでのセクハラにまつわる恨みつらみがあるので、
    セクハラには容赦なく、100倍返ししてやるっという気合で過ごしています・・・。
    (だから肩こりが治らないのかも・・・・)

  2. >yukiyukiさん
    女性が働いていく以上、誰しも多かれ少なかれ、悩み続けなくちゃならない問題ですよね~。
    yukiyukiさんの仕事環境も、この点ではかなり問題ありそうですね。
    っていうか、日本全国どこでも会社って基本的には男性社会なので、問題がないところを探すほうが難しいのかも。
    ちょっとした一言で、仕事も手につかないほどショックを受けたり・・・なんてこと、女性なら誰しも一度は経験していますよね、きっと。
    怒ったら怒ったで、からかわれ、黙っていたらつけ込まれる・・・。
    ホント、働く女性って、気苦労が多いですよね。
    悩むのは、仕事のことだけでたくさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です