バブーは南極探検隊

毎朝、服を着て準備が出来たら、階段の下でじっと待機してお散歩待ち。

雪が大好きなバブーは、お散歩に行くのが待ちきれない様子で、『お願いしま~す

公園に着いたとたん、私を振り切って脱走し、ふと我に返って私の姿を探すバブーの図。

一面雪の中にいるバブーは、まるで南極探検隊員みたい。後ろにいるのは隊長さん。

多少の雪の深さなどものともせず、思いっきり駆け回る新米隊員のバブー

手足はほとんど雪の中だけど、順調に探検調査中の様子。

しかし、ここで、バブー隊員に思わぬ困難が待ち受けていました

それは、手足の毛にくっついた無数の雪球。

大小さまざまな雪球が、バブーの手足にたくさんぶら下がっています。

そうだ、そうだった。

子供の頃、毛糸の手袋で雪球を作ろうと思ったら、毛糸にたくさんの雪球がくっついて大変なことになってたっけ・・・。

バブーも天然毛だもの、それと同じ。すっかり忘れてた。

だんだん、雪球の数が膨れ上がり、足取りがすっかり重くなってきたため、やむなく探検調査打ち切り。

家に帰って、お湯に浸すこと数分。

やっと雪球地獄から開放。

冬は、手足が汚れないから、お散歩のあと始末が楽、と思っていたのは大間違い。

タオルで足を拭いてあげるより、無数に出来た雪球を取ってあげる方がずっとずっと大変。

バブーはものすごい雪球がくっついちゃうけど、毛質によって、雪球のできやすさに違いがあるのだそう。

雪対応の毛質のワンコと、そうじゃないワンコがいるなんて知らなかった。

そういえば、シベリアン・ハスキーが手足に雪球ぼろぼろつけて犬ぞりレースしてるのなんて見たことない。

残念ながら、バブーは南極探検隊向きじゃなかったみたい。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です