パリでお散歩⑨パリの人々

毎日、毎日、足が棒になるくらい歩き回ったパリの街。

たったの3日間だけど、1~20区までをほぼ制覇して、日本にいる1年分を歩き尽くした感じ。

建物や景色は、もちろんとっても魅力的だけど、歩いている人たちもまた素敵!

思いっきりパパラッチしたくなるような人も本当にたくさんいたけど、さすがにそこまではできなかったので、かなり遠距離から勝手に撮影。

街で見かけた素敵な人たちを、街並みと一緒にご紹介。

まずは、ヴァンドーム広場にて。

白のトレンチコートを着ている、この女性。

カメラを持ってきょろきょろしている観光客が多い中、早足で颯爽と歩く彼女は、かなり異質で目立ってた。

パリの百貨店、ボンマルシェ近くのお洒落なブティック前で携帯で電話中の女性。

足の開き具合といい、ポケットに突っ込んだ右手といい、無造作にまいたマフラーといい、電話してるカッコがなんともサマになってる。

こちらのフードの女の子は、夜のイルミネーション・バス・ツアーで一緒。

真っ白な肌に、大きな青い目、カール・ヘアで、真っ白のモヘアの帽子が完璧なまでに似合ってた。

この子がモデルじゃなくて、何?!ってくらい美しさに唖然。

正面から撮れなかったのが本当に残念

パレ・ロワイヤルに行く途中で見かけたお洒落な2人組。

こういうファッションって、本当にお洒落な人じゃないとなかなか難しい。

パレ・ロワイヤルでは、素敵な親子に出会った。

赤いコートに青いマフラーのママ。

カッコ良過ぎ。

ちなみに、この公園の噴水では、こんな光景も。

この寒いのに、公園で本読んでるー

パリっ子は、どんなに寒くても、太陽が出ていると外に出たがる・・とは聞いていたけど、この写真撮ったのは1月5日。

真冬。

日中は10度を越えることもあるとはいえ、結構それなりに寒いのに。

こちらは、真剣にレストラン選びをしていたカップル。

悔しいくらい、本当に絵になる。

そして、最後は、番外編。

サンジェルマン・デ・プレの交差点にいた男性。

みんなコートを着て寒そうに歩いているのに、なぜか半袖に大荷物。

向いている方向も変だし、どこかの南の島から突然この街に降り立ったみたいでおかしかった。

こんな風に、パリで素敵な人を見つけてパパラッチするのもなかなか楽しい

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です