パリでお散歩⑮ドア(最終回)

お正月休みに、念願の真冬のパリ旅行をしてから、ずっと続けてきた『パリでお散歩』日記。

もっともっと書きたいことはあるけれど、もうかれこれ一ヶ月。

もうそろそろ終わりにしないと・・・

いつまでも旅行気分じゃいられない。

『国際結婚』でも、『真っ白ワンコ』でもないパリ日記にも関わらず、お付き合いいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

今回のパリ旅行、とにかく気分は、ず~っと、こ~んな感じだっだのです。

私の大好きな『SATC』の1シーン(『HBO』HPから)。

でも、今回もまた同じことを感じた。

「パリは相変わらず私の前に重い扉を閉ざしている」。

なぜか、他の国を旅行していてもこう感じることはないのに、パリだと不思議と感じる。

きっと、あまりに憧れの気持ちが強いからなんだと思う。

フランス語も、フランスについての知識もまだまだ不十分。

この街に来たいと思うなら、もっともっと勉強してから出直しなさい。

そう言われているような気がする。

次回は、ほんの少しだけドアを開けてもらって、もっと中を覗いてみたい。

人々の暮らしをもっともっと知りたい。

でも、パリはそう甘くはない。

この扉のように、扉の向こうには、きっとまた別の扉があるはず。

もっともっと覗いてみたい、もっともっと知りたい、そう思わせてくれる。

だから、多くの人を魅了してやまないのかもしれない。

だから、また来ることを心に誓うのかもしれない。

来年もまたきっと『パリでお散歩2008』を書くことになりそう。

明日から2月。

現実逃避は1月で終わり。

登場回数の激減を嘆くポールとバブーのためにも、そろそろ『国際結婚ダイアリー&真っ白ワンコのバブー』に戻らねば

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

“パリでお散歩⑮ドア(最終回)” への2件の返信

  1. はじめまして。
    いつも拝見しています。
    何度かコメントしようとしていつもそのまま読み逃げ(?)
    してたんですけど、
    パリ旅行記、良かったですよ~。
    私もフランスに行ってみたい時期があったな~。
    (結局まだ行ったことないんですけど)
    行ってみようかなってブログを拝見させていただいて思いました。
    ただフランス語は全くできないんで、
    eriさんみたいな個人旅行というか、有名なカフェやレストランで
    フランス語全く分かりません!じゃいいサービスも
    受けられないんじゃないかなと思いまして。。。
    英語だったら大丈夫なんですけど。
    少しでも喋れた方がいいですかね?
    実は最近、札幌に引っ越してきまして
    フランス語を習おうかな~とも思ったのですが
    英語ももっとやりたいし、
    両方やるとどっちつかずになりそうで
    どうしたもんかと思っています。
    またお邪魔しますね。
    PS 私もSex and the cityは大大好きです。
    アメリカのアマゾンからDVDボックス取り寄せちゃいました。

  2. >Joyceさん
    こんにちわ{スマイル} 初コメントありがとうございます。
    とってもとっても嬉しいです。
    私もJoyceさんと同じように、いつも英語とフランス語のジレンマに悩んでいます。
    英語を話せるうえで、フランス語・・・っていうのじゃなきゃダメなのかな、って。
    実際、フランスに留学してから、英語の必要性を痛感して英語を習いはじめる人を何人も見てきましたし。。。
    でも、フランス語を勉強していたお陰で、イタリアに行ったとき、英語は通じないけど、フランス語が通じたということが何度もあって助かったりしました。
    両方、同じくらい話せるようになったら最高ですけどね。
    ちなみに、パリは英語でオッケーです。
    ホテルの従業員も、レストランのスタッフも英語はよく話せるようです。
    ただ、ガイドブックなんかによると、英語を話せるスタッフがいるお店は、観光客相手でリピーターを期待していないのでサービスがそれなり、なんて解説しているものもあるので、本当のパリを楽しみたいなら、フランス語がわかるに越したことはないようですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です