11回目のバースデー

2月18日はポールの誕生日。

今から10年以上前の94年、東京に半年滞在していた時に、日本での誕生日をはじめて迎え、その後、98年から日本で本格的に生活をはじめたポール。

日本で誕生日を迎えるのは、これで11回目。

記念すべき誕生日に、「ポール、ディナーお願い」っていうわけにはさすがにいかないと思い、できもしないのに「今夜は私が作る!」と宣言。

そんなポールと私のやり取りを見ていて、何かもらえそうだと感じたバブーがキッチンでスタンバイ。

「今夜は私がシェフ!」宣言をしたものの、凝ったものは作れないから、結局『ステーキ』。

『ステーキ』はポールの大好物。

脂を取り除いて、あとは焼くだけ。それくらいなら私もできる。

まな板の上にあるお肉の匂いを嗅ぎ付けたバブーは、「ちょうだい、ちょうだい」と必死のアピール。

この後、この行為をポールにがっつり叱られたバブー。

ディナー・テーブルの下でいじけモード。

かわいそうだけど、ジュージュー焼ける音と漂ってくるステーキのいい匂いに、鼻だけがクンクン動いてるのがおかしくって笑っちゃう。

一応、クッキングしているのは私だけど、結局、ポールがすべて隣で指導。

「まずは右側のヒーターでお湯を沸かしてパスタを茹でて。茹で上がるのに11分かかるから、残り3分になったら、左側のフライパンでステーキを焼き初めて。昨日作ったカルボナーラソースの残りが冷蔵庫にあるから、オーブンに入れて、ステーキを焼き始めるのと同時に3分間あたためて。ミートボールの残りは、上のヒーターであたためるだけでOK。わかった」。

「はい、わかりました」。

恥ずかしいことに、3つのヒーターを同時に使うのは、初めてのワタクシ。

ステーキを焼くだけだと思っていたのに、ほかにもたくさんすることが!

隣で心配そうに見つめるポールとオロオロする私は、まるで、プロ・シェフとその弟子。

そして、ようやく出来上がったディナー。

ステーキとパスタ・カルボナーラ、ミートボール・トマトソース。

お肉がちょっと硬かったのが残念だけど、一応褒めてもらって一安心。

でも、ステーキ以外は、昨日ポールが作ったもの・・・。

ま、今日は努力を買ってもらうということで、あとはプレゼントでごまかすつもり。

誕生日プレゼントに用意したのは、ちょっと特別な高級?!ブランデー。

最近は、ビールよりブランデーを好んで飲んでいるけど、とにかく酒量の多い彼は、普段はチープなもので我慢。

さて、高級ブランデーのお味は?

「Really smooth !」。

ブランデーを飲んでご機嫌のポールの横には、葉巻ならぬ『アキレス・ボーン』をくわえたバブー。

なんだかちょっとかっこいいと思うのは私だけ?!

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です