パリのにゃんこ

『パリでお散歩』日記は、1月に終わったはずだったけど、ひとつ書き忘れていたことが・・・。

フランスは『わんこ天国』なので、にゃんこはほとんど見かけなかったけど、モンマルトルの丘の『サン・ヴァンサン墓地』で見たにゃんこが強烈に可愛かったのでちょっとご紹介。

微妙な距離感を保ち、管理事務所の中でお話に夢中になっている、飼い主さんを待っているこの猫ちゃんたち。

色は違うけど、胸元に広がった白い毛と、真っ白なチビ・ソックスを履いているところなんかそっくり。

ふたごちゃん?!

見た目も動きもほぼ同じ。

あまりに可愛くって、思わず何度も何度も振り返る。

そして、こちらは、ギャラリー・ヴィヴィエンヌにいた猫ちゃん。

おさまり具合と、籐のかじられ方から言って、多分、この椅子は猫ちゃんの椅子。

こんなに素敵な場所が棲み処だなんて、本当にうらやましい。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

“パリのにゃんこ” への2件の返信

  1. にゃんこに反応しました~。
    ソックス履きのにゃんこは可愛いですよね~。
    胸元が白いのもおしゃれです。
    毛が長いのもゴージャスです。
    うちのは、短毛でグレー一色ですが、
    それはそれで奇麗なんですよ。
    親ばかですが。
    わんこだったら一緒にお散歩できて楽しいでしょうね。
    でも私はずぼらなので、放っておいても大丈夫な
    ネコで良かったのかもしれません。
    自分がネコ人間だったと飼い始めてから知りました。
    犬好きだったはずなんですけどね。

  2. >joyceさん
    にゃんこも、ホントかわいいですよね。
    私は断然ワンコ派だったんですが、バブーを飼いはじめてから、動物すべてが愛らしく思えてきました。
    いろいろ話を聞くと、働いていてずっと一緒にいてあげられない人には、勝手気ままなにゃんこの方が放っておいても平気でいいみたいですね。
    家ネコは、お散歩もしないから病気にもならないっていうし・・・。トイレも失敗しないらしいし。。。
    パートナーとしてはいいことづくめですよね。
    ワンコは飼い主がいないと異常に寂しそうで、かなり真剣に構ってあげないとストレスも増大しちゃうみたいなところが、特に子犬のときは大変です。
    トイレもまだかなりの頻度で失敗{ショック}
    早く覚えてほしくて、それだけが今のささやかな願いです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です