『犬の飼い主のための十戒』

いつもブログを読んでくれている『ぽちこ』さんに教えていただいた『犬の飼い主のための十戒』(←ご存知ない方は、リンクしていますのでクリックを)。

作者不詳のこの十戒、考えさせられる言葉がいっぱい。

1戒.『 My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will
be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい』。

私が朝出かけるために階段を下りていくとき、いつも同じところから見送ってくれるバブーがそう言っているような気がする。

私が見えなくなるのが嫌なのか、拗ねているのか、わざとこんな風に顔を背けてみたり。。。

でも、振り返ると、やっぱりこっちを見てる。

寂しそうに、何かを訴えかけるかのように。

戻って抱きしめてあげたくなる。

4戒.『Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう
でも...私には貴方だけしかいないのです
』。

飼いはじめてからまだ1年もたたないのに、こんなに愛しいなんて、10年が過ぎた頃には、私の中でバブーの存在がどれほど大きいものになっているか、想像もつかない。

犬を飼うのがはじめてで、別れを経験したことがない私のような飼い主にとっては、最後の『十戒』が特に印象的。

10戒.『 Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it, or, “Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember, I love you.

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて 言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、 私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを』。

わかる、よく分かる。そうしてあげたい。

でも、きっと辛くて辛くて守れないと思う。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です