見たい映画

この春、絶対に見たい映画が2本ある。

ひとつは、以前、このブログでも紹介した、現在公開中の『パリ、ジュテーム』(←公式サイトはココをクリック)。

そして、もうひとつは、

『ユアン少年と小さな英雄』(←公式サイトはココをクリック)。

実話(『19世紀のスコットランドに実在したテリア犬の話。警察官だった飼い主が亡くなった後、エディンバラから離れた土地に連れて来られたボビーは、長距離を駆け抜けて再び主人の眠る墓地へ帰って来た』)に基づいているというこの映画。

『1858年、エディンバラのスコットランド。ジョン・グレイという男性がグレイフライアーズ教会墓地に葬られた。彼の飼っていた忠実な犬は、1872年に死去するまで14年もの間、亡くなった主人を側で守り続けた。そんなボビーの姿を教会墓地の入り口から一目見ようと各地からさまざまな人が集まり、今日でも墓地には花が手向けられている』。

主人公のボビーは、地元スコットランドはもちろん、ヨーロッパやアメリカでも多くの人に愛され、教科書にも掲載されている有名な犬なのだそう。

ほとんど話題になっていないけど、ボビーのことを知ればしるほど、ワンコ好きは必見の映画、だと思う。

少年と動物の物語。新鮮味はないけど、ピュアなもの同士の絆は、いつも心に響く。

死んだ飼い主のお墓をずっと守り続けたというワンコの物語。

象徴的な、映画の1シーン・・・これだけで、もう泣ける。

日本の忠犬ハチ公みたいなもので、スコットランドではかなりの人気者らしく、エディンバラには、ボビーの銅像があるのだとか。

しかも、ボビーは、バブーと同じ犬種、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア。

主人公のわんこ、ボビー↓。

バブー↓。

バブーの場合、お墓を守る姿勢はきっとこんな感じ?!(なんか違う。。。)

公開されたらすぐに、タオルハンカチ持参で映画館に行かなくちゃ!

なのに、ここは札幌。

『シアターキノ』で唯一公開されるらしいけど、時期は『初夏』。

初夏ーー?!

なんだかこれもまた微妙な表現だよなー。

東京ではもう公開になってるのに。

出張のとき、1泊延長して映画見に行くべきだった。

きっといい映画だと思うけど、あまりに話題になっていないだけに、札幌にちゃんと来るかどうか心配。。。

札幌、好きだけど、でも・・・と思わずにはいられない瞬間。

私が先に死んだら、こんな風にバブーもきっと私のお墓を守ってくれるはず、と思いたい。

ワンコを愛する飼い主の、憧れの絆のカタチ。。。

初夏が待ち遠しい。

P.S.現在公開中の映画に、『ボビー』というのがあるけど、そちらは、「ロバート・ケネディ=通称“ボビー”暗殺事件」を扱った映画なのでお間違いなく。
でも、これがまた、かなり面白いらしいので、こちらも要チェック。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

“見たい映画” への2件の返信

  1. はじめまして!うろうろしていたら、こちらにたどり着きました。
    私もイギリス人と結婚して、ただ今ロンドン在住です。そして私は札幌出身なんですよ。
    しかもわんちゃんが超かわいいぃ~!!
    また遊びに来ますね。
    リンクいただいちゃいます♪

  2. >melanieさん
    はじめまして!ロンドン在住なんですね。うらやましいです。
    さっき、ブログに遊びに行きました!
    ガーデニングで芝生を自分で貼ってしまうところなんかそっくりででびっくり!
    やっぱりイギリス人、自分でやるんだ~、って思いながら読んでました。
    もう4月中旬なのに、札幌は、今朝も少し雪が降りました。
    ポールも早くガーデニングがやりたいみたいでそわそわしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です