恋のキューピット

バブーが「フセ」の姿勢で待っているのは、

イケメンのコーギーくん。

「スワレ」の姿勢で待っているのは、

チョイ悪なスコッチテリアくん。

どちらもバブー好み。

のはずだったのに、

なんと、この2匹が意気投合。

バブーの存在なんかすっかり忘れて、触れ合う2匹。

バブーには、なんの挨拶もなく立ち去ろうとするスコッチくん。

ちょっ、ちょっと、それはないんじゃない?

バブーは、ただのキューピット役だったみたい。

高いところに上って、2匹を見送るバブー。

ちょっとくらい遊んでくれたっていいのにね。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

お帰りダンス

昨日、バブー1歳の誕生日に、皆様からいただいたコメントに、すっかり調子に乗りました。

バブーが、私が帰宅したときに見せる「お帰りダンス」をはじめての動画でごらんください。

息を殺して動画を撮影するつもりが、思わず、「ばーぶちゃんっ!」と最後に猫なで声を発してしまった私。

普段の声はミスター・レディかと思われるほど、低くてハスキーですが、このときばかりは違います。

「猫なで声」とはまさにこのこと!ってくらいのアホぶりです。

音声をオフにして、ご覧ください。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

凹む日も・・・。

今日は疲れた。。。

今の仕事は、物事には、いろいろな考え方があるということを嫌というほど思い知らされる。

何が正しくて、何が間違いなのか。。。

他人のせいにするのは簡単だけど、それじゃ、なんの解決策も見えてこない。

答えを見つけようとするけど、見つからない。

考えれば考えるほどわからなくなる。

一回納得して、30分後には、また考え直す。

その繰り返し。

仕事の生産性の低さは今に始まったことじゃないけど、この要領の悪さだけはなんとかならないものかといつも思う。

仕事をしていると、「ぶれない」というのは、とっても重要なことだと思う。

そうは思っているけど、「ひよる」のが人間。

「ひより」体質からの脱却が、今の課題。

・・・とここまで書いておきながら、この「ひよる」の意味を取り違えていたことが判明。

「ひよる」とは「日和見」から来ていて、その意味は 「どちらが優勢になるか情勢をうかがって、自分の態度を積極的に決めようとしないこと」?!

私が使っていた用法は、「ひ弱になる」=略して「ひよる」。

違うじゃん!!

もう、だから駄目なんだよっ!

「もーやだよ~。助けて」って、お散歩帰りに、抱っこを求めるバブーの気分。

今の私の顔は、きっとこんな情けない顔してるに違いない。

昨日のバブーのお誕生日にいただいた、たくさんのコメントにどんなに癒されたことか。

今日の凹み気分を助けてくれたのは、みなさまのおかげです。

みなさま、本当にありがとうございました。

明日からは、また明るいブログを書くようにしますので、今日のところはお許しを。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

バブー1歳の誕生日

今日28日(日付が変わったので、すでに昨日)は、バブー1歳の誕生日。

我が家に来たばかりの、去年8月の写真。

最初は本当に小さくて、体重もわずか2.2㌔だったのに、1年で3倍の大きさに成長。

がっちり師弟関係を築いたポールとは寝るときも一緒。

家にいるときは、とってもおとなしくていい子なんだけど、一歩外に出ると、超ハイパーなお転婆娘に変身。

札幌の過酷な冬も経験。

そして、季節はめぐり、春。

バブーが生まれた爽やかな5月。

今朝のバブー。

満1歳、おめでとう!

わんこも笑うと目がなくなるんだ。

ウェスティのことを、『白い天使』って呼ぶ人がいるけど、本当にそのとおり。

こんなバブーを見ているだけで、思わず微笑んでしまう。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

札幌でマンション探し

函館に住んでいる姉の札幌転勤が決まり、今日は2人で家探し。

引越しは来週。

姉は今日の夕方から仕事で、函館にとんぼ返りしてしまうため、なんとしても契約は今日の午前中に済ませなければならず、限られた時間の中で、2人とも真剣。

家探しができるのは、今日限り。

とにかく仕事が忙しくて休みもままならず、昼夜問わず会社からの呼び出しも多くて、寝るためだけに家に帰ってくるような生活をしている姉の希望は、とにかく札幌中心部で会社に近いこと。

事前に両親が調査済みの物件の中から、上位3物件をチェック。

最初の物件は、地下鉄『バスセンター前』駅から徒歩0分のこの物件。

分譲仕様の賃貸マンション。

今年3月末に出来たばかりの新築未入居物件。

あまりに中心部にあるせいか、まだ結構空室あり。

一応、2LDKなんだけど、とにかくリビング含めて部屋のひとつひとつが小さくて狭い。

しかも収納スペースがほとんどなし。

わずかばかりのクローゼットもあるにはあるけど、スーツを5着も吊るせばもういっぱいになりそうな狭小スペース。

だけど、洗面台がこんな感じだったりして、女性には結構ウケそうな凝った作り。

ベッドルームの窓からは、札幌テレビ塔がくっきり見えて、時計要らず。

他の物件もチェックしたけど、物件探しにはありがちな、どこも「一長一短」。

こちらの物件は、日当たりもよくて、リビングも十分な広さがあり、住みやすそうなんだけど、札幌駅のすぐ近くのため、外に出るとものすごい騒音。

いくら寝るためだけとはいえ、朝起きて外に出た瞬間にこの騒音に見舞われるのは、さすがに酷。

外を眺めつつ、悩む姉↓。

しかも、ベッドルームからの眺望がこれ。

となりのマンションのオレンジ色の壁と、看板。

朝、カーテンを開けたときにこの絵だと、思いっきり気が滅入る。

ということで、結局、収納スペースが少ないのはどこも同じで、一番最初に見た物件が一番良かったことがわかり、もう一度、最終確認のため、最初の物件に戻ったところ、なんと駐車場に見たことのある顔が。

赤い外車から降りてきた、眼鏡をかけた若い男性。

見れば、私の会社の後輩Mくん。

「あれ?!実家に住んでたんじゃなかったの?」

聞けば、このマンションの最上階に住んでいるのだとか。。。

なぬー!実家に住んでるふりして、せっせと蓄財に励んでいやがったな。

ちっ、食事に行ったとき、おごってやるんじゃんなかった。

慌てる後輩をよそに、姉は、「予算より高くなっちゃたけど、あんなに若い人が住めるなら、私も住めるよね」と変に経済的な自信をつけた模様で、即決即断。

急いで契約を済ませ、電車の時間まで、ステラ・プレイスの『宙』でランチ。

私と年子なのに、今回の転勤で、管理職に昇進が決まった姉。

昔から、『鬼軍曹』と呼ばれて会社では怖がらる存在だったらしいけど、最近は、その怖さがさらにバージョンアップしてる。

部下たちの話になると、「3倍速で仕事しろっ!」、「ブレイクしたかったら努力しろっ!」と相変わらず威勢がいい。

実は、とっても可愛げがあって、面倒見の良い、私にとっては、いい姉なんだけど、そういう話を聞かされるたびに、一緒に仕事するのだけは避けたいとつくづく思う。

今回の転勤、姉の浮かれ気分をよそに、函館の人は喜び、札幌の人たちは戦々恐々としているに違いない。

最後のキメ台詞は、「お互い、会社で不良債権化しないように気をつけようね!」。

私の友人の働く女性たちが、姉の話をするたびに、「お姉さんに、弟子入りさせて!」と言うのが、よくわかる。

我が姉ながら、爪の垢でも煎じて飲みたい。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

トリミング

バブーが2ヵ月に一度のペースで通う近くのトリミングサロン。

子犬時代からの行きつけのお店。

トリマーさんもとっても素敵で気さくな方で、躾の方法や手入れについて、いつも親切・丁寧に教えてくれるので、すっかり頼りっきり。

人間もそうだけど、わんこは、トリミングでかなりイメージが変わる。

好みがはっきりしている場合は、ちゃんと伝えておかないと、仕上がりにギョッとすることがあるのは、人間もわんこも同じ。

同じ犬種のウェスティには、ちょっと長めの、いわゆる『ウェスティ・カット』というのがあるらしいけど、あまり好みのカットじゃないので、手入れの楽さを考えて、いつも短くショートにしてもらってる。

成長とともに、毛量が多くなってきたバブーがカットをすると、見違えるほどスリムになる。

白熊ちゃんから、バブーに変身するのが楽しみで、いつも迎えに行く特はドキドキ。

それに、このサロンの内装が、とっても素敵なのも行き付けとなった理由。

我が家もこんな風にしたいな・・・と気の利いた小物たちに、いつも惚れ惚れ。

ありきたりのわんこグッズじゃなくて、どこかヨーロッパ風。

そう、まるで、一人暮らしのパリジェンヌの部屋。

特に、お気に入りなのが、このオレンジ色の2脚のチェアー。

色といい、形といい、私好みのど真ん中。

サロンに行くたびに、できることなら買い取りたいといつも心の中で思っている。

で、バブーの今回の仕上がりは、というと、

こんな感じで、すっきり、さっぱり、真っ白。

これで、手入れが数倍楽になるからこまめなトリミングは欠かせない。

今や、人間の私より、美容に時間もお金も使う年頃の女の子、バブー。

きれいにシャンプーしたばっかりなのに、草むらにべったり座り込むあたり、そこんとこ、まったく分かってくれてない。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォト・ブログ

今日、パソコンに大量にたまった写真を整理していて、一部のお気に入りの写真だけでも、きちんと整理して思い出として残しておこうと、別冊フォト・ブログ『いつもポケットにデジカメ』を作ってみました。

思いっきり悩んだ割には、冴えないタイトルだ・・・。

このブログに掲載した写真の再掲がほとんどですが、もしよろしかったら、下線のタイトルか、右側サイドバーのリンクに貼ってあるタイトルをクリックして、ご覧ください。

毎日、写真は1枚、1文のみ、というスタイルで、あくまでも、ゆっくり、のんびり、でも少しずつアルバムのページをを増やして行きたいと思っています。

出来立てホヤホヤではありますが、ルール破りと知りながら、5月1日に日付を遡ってはじめています。

現在は、今年のお正月に行ったパリ旅行の写真を少しずつ掲載中。

これからは、徐々に日本での日常をデジカメで「切り取って」いくつもりです。

『国際結婚ダイアリー&真っ白わんこのバブー』ともどもよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

新緑の頃

バブーと毎朝お散歩に行っている公園の樹々の緑が、今、最高に輝いている。

長い冬眠から覚めた鮮やかな緑。

人生、そろそろ折り返し地点かな、と思っている今日この頃だけど、『新緑』っていうのは、このことを言うんだって、初めて気づかされた気がする。

つい先日まで、枯れ木でスカスカだったのに、あっという間に緑に覆われた遊歩道。

日々、見事なまでに、緑が濃くなっていく。

あと数日で1歳になるバブーもそうだけど、「若ければ若いほど、成長が早い」っていうことなんだとつくづく・・・。

あふれ出す生命力を見せ付けられる毎日。

さてさて、最初の空の写真以外には、バブーがいたの、気づいてもらえたかな?

新緑の前では、バブーの白さもかすむ。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

カーテンの不思議

いつもは動かないのに、

今日は、動いてる。

ゆらゆら、ゆらゆら、動いてる。

「変だな~。どうしてなんだろ?

風に揺れるカーテンをじ~っと見つめるバブー。

「ねぇ、どうして?

バブーも大人になったら、きっとわかるよ。。。

・・・なんてね。

一度誰かに言ってみたかったんだ。

このセリフ。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

『ポールズカフェ』

仕事をしていると、自分の力ではどうにもならないことがたびたび起こる。

ない知恵を絞ってもどうにもならないと悟ったとき、良かれと思ってしたことが批判されたとき、絶対の自信を持って臨んだのにうまくことが運ばないとき・・・。

元来、能天気な私も時には凹む。

そんなときは、仕事のことは忘れて、楽しいランチで気分転換するに限る。

この日は、桜フリークの同期たちとお花見ランチ。

場所は、道庁赤レンガ。

道庁赤レンガの前庭は、遅咲きの八重桜が今、満開。

道庁周辺は、さすがにお昼時はどこもサラリーマンでいっぱい。

お花見ランチをするつもりが、周辺のお店に入ることができず、ジプシーになりつつ、お腹をすかせてやっと探し当てたのが、その名も『ポールズカフェ』(←詳細は店名をクリック)。

ベルギービールの専門店。

自慢のチキンのランチ・プレート。

チキンにサラダ、ポテトにキッシュにライスで大満足。お味もグッド。

でも、こういうお店は、やっぱり夜に来てみたい。

ビールを味わえなかったのが残念だったけど、スタッフのポールさんも日本語がとっても上手でいい感じ。

お店を出るころには、『凹み気分』から完全脱出。

偶然入ったお店だったけど、ランチにも良し、ディナーにも、きっと良し。

パブ好きの人にはかなりおすすめ。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。