沖縄の顔

灼熱の太陽が照りつける、梅雨明けの沖縄に2泊3日の出張。

沖縄に行くのは生まれてはじめてだったけど、今回の出張は、私が今まで描いていた沖縄のイメージと180度異なるものになった。

私が抱いていた沖縄のイメージは、トロピカル・リゾート。

色鮮やかな南国の花。

国際通りを歩けば、ゴーヤ・キューピーちゃんに、

ファンキーでポップなシーサーたち。。。

大好物の『タコライス』。

でも、こういうトロピカルなイメージは、沖縄のひとつの顔に過ぎないことを知った。

沖縄は、民間人を巻き込んだ日本国内で最大規模の地上戦が行われた場所。

時期が時期なだけに、至るところで、慰霊祭が行われていた。

思わず、「わ~、きれい!」と歓声をあげたこの海も、かつては血に染まっていたそうだ。

沖縄によくある、がじゅまるの古い巨木は、その歴史をよく知っている。

不気味なほどに神秘的で、地面に広がる根を見ていると、精霊が住むというのもうなづける気がした。

広い空と広い大地の多くも米軍のもの。。。

北海道で生まれ育った私は、平和ボケ甚だしく、日本の戦争の歴史をよく知らない。

・・・というより、見ないようにしてきた。

以前、ポールと広島の原爆ドームに行ったとき、他の旅行先ではパシャパシャ写真を撮っていたのに、突然撮るのを止めた。

それに気付いたポールが、「どうして写真撮らないの?」と聞くので、「こういうのはつら過ぎて、記憶に残しておきたくないから」と答えた。

すると、ポールは驚いたような、呆れたような顔をしながら、「その考え方はおかしいよ。自分の国の歴史なんだから、こういうものこそしっかり写真に撮って目に焼き付けておかなくちゃ」と言って、代わりに写真を撮ってくれた。

だから、今回は、たくさん写真を撮った。

戦争の歴史を忘れないように。

中学生の頃から、国内のことよりも海外に断然興味があったけど、これまでの経験で、海外に興味があるからこそ、日本の歴史をよく知っておかなければならないということは、痛いほど思い知らされてきた。

いい大人が自国の歴史をよく知らないなんて、海外では笑われる。

馬鹿にされ、無神経だと思われる。

札幌に帰る直前、『沖縄そば』をすすりながら、自分の無知を思い知らされブルーになった。

まだまだ、日本について知らないことが多すぎる。

追伸・・・あまりの暑さにぐったり。自分が寒冷地仕様であることも思い知らされた旅でもあった。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

濡れた子犬の匂い

今日は、朝から雨。

できることなら、お散歩をパスしたいところだけど、尻尾をぷりぷり振ってお散歩の時間を今か今かと待っているバブーの期待を裏切ることはできない。

びしょ濡れになりながら傘もささずに公園へ。

お散歩仲間は全員お休みの様子。

バブーは、広い公園を独り占め。

嬉しさのあまり、ゴロゴロ転げ回って、あっという間にこの有様。

ここまで濡れてしまったらもうおしまい。

家に帰ってシャンプーしてあげるしかない。

ワインのテイスティングで、熟成したワインを「塗れた子犬の匂い」なんて表現することがあるけど、「濡れた子犬」は、決していい匂いとはいいがたい。

ということで、お散歩時間を早めに切り上げて、バスルーム行き。

お風呂あがりのバブー。

わんこ用シャンプーのいい香り。

バブーは、『ひょっとこ』みたいな顔して気持ちよさそうだけど、朝の限られた時間に、お散歩と予定外のシャンプーを済ませなくてはならなくなった私は、異常なまでの慌しさに息も切れ切れ。

お願いだから、お散歩の時間だけは、雨、降らないで。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

『喜怒哀楽』

私は、感情のコントロールがかなり苦手。

感動する本を読んだり、映画を見たりしても、人より先にオイオイ泣き始めるタイプだし、怒ると頭にカーッと血が上って、それが見事に顔に出る。

思えば、小さい頃から、気性が激しかった。

【※バブー的『喜』】

父親に叱られて、逆切れ。バスルームのガラスのドアを足で蹴って割り、さらにもっと叱られて雪の中に放り出されたり、

田舎の祖母の家に遊びに行った時、祖母と離れて自分の家に帰るのが嫌で、「帰りたくない」と窓ガラスを叩きわっって抗議して、手が血だらけになったり、

勉強するのが嫌で、本棚を倒して部屋を滅茶苦茶にしたり。。。

子供の頃は、ずっとそんな感じの厄介な子だった。

今でも、人より喜怒哀楽がかなり激しい方だと思うけど、そんな私を知っている親や姉妹は、「大人になって本当に丸くなったよね」と安堵の表情を見せる。

【※バブー的『怒』】

以前、会社の先輩に、恐ろしいほど感情のない人がいた。

その人がちょっと声を出して笑うだけで、「笑った」と周囲が驚いた。

キレて怒るところなんて、一度も見たことがなかった。

ある日、当然彼が怒ってもおかしくない、というより、怒るべき事件が起きた。

私は、「どうするのかな?」と思って、先輩の様子を黙って見ていた。

でも、やっぱり彼は怒らなかった。

【※バブー的『哀』】

愚痴のひとつをこぼすわけでもなく、自分が責任を取って、ただ淡々と仕事をこなしていた。

見かねて、「あの人が悪いのに、どうして怒らないんですか?」と聞いた。

すると返ってきた答えが、

「もう、こういうことには慣れちゃって、腹が立たなくなっちゃったんだよね」。

その答えを聞いて、なんだかとっても寂しかった。

怒ることに慣れて、それが当たり前になって怒ることがなくなるなんて。

悲しいことに慣れて、悲しいことが起きても、それを悲しいと思えなくなるのと同じ。

【※バブー的『楽』】

平穏に生きていくために必要な術なのかもしれないけれど、積極的には身に着けたくないと思った。

とはいえ、子供のころはいいとして、社会人である以上、感情がすぐ表に出るということは決して褒められることではない。

感情表現が豊か・・・という言い方もできるけど、何事も限度ってものはある。

『喜』、『哀』、『楽』はいいとして、女性の場合、『ヒステリー』との境界が曖昧なだけに『怒』は要注意。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

清涼!『バブー』うちわ

いつも元気なニコニコ顔のバブーは、みんなの人気者。

バブー・ファンの方が、バブーの写真から、なんと『清涼!バブーうちわ』を作ってくれました。

もう、ひたすら大感激!大感謝!

表。

裏。

違うバブーが楽しめるうえ、これで仰ぐとバブーが、寄ってきます!

こんな舌ベローンの写真や、

「ボール取ってきたよ!」なバブーの写真からも、うちわが作ってみたくなった私。

でも、一番清涼感を味わえる、うちわの写真は、

表。

裏。

これで、作ってくれるようにお願いしてみようかな。。。

あ~、涼しそう。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

可愛い女性

先週末は、魔除けのシーサーがいる沖縄に2泊3日の出張。

自由時間はほとんど無しの強行スケジュールだったけど、沖縄には、この機会にどうしても会いたい女性がいた。

以前住んでいた函館のビア・バー『ビロングス』でさんざんお世話になった『いずみさん』(←過去記事はココをクリック)。

最愛の彼を追いかけて函館を離れ、いまやすっかり沖縄の人となってしまった彼女。

どうしても会いたかったけど、お互い仕事のためギリギリまでスケジュールが読めず、沖縄に行ってから、まめに連絡し合うことに。

ようやく2人とも時間ができたのは、札幌に帰る前日の午後11時過ぎ。

日付が変わる頃にやっと合流して、それから2時間、いずみさん行き付けのバーで夢中でトーク。

私より年上だけど、容姿も性格も、本当に存在そのものが『可愛いらしい』という表現がぴったりの憧れの女性。

自分のことより他人のことを先に考えてくれる人。

彼女と会って話すと、みんなすっかり彼女に魅了されてしまう。

不思議な魅力とふんわりとした包容力に溢れた人。

函館の当時の飲み仲間たちも、いまや日本全国バラバラになって次第に疎遠になってしまったけど、新しい彼や彼女ができたり、結婚したり、子供ができたりすると、その節目節目に、みんないずみさんにだけはちゃんと近況報告している。

そんないずみさんがいるからこそ、当時のメンバーはまだずっとつながっていられる。

当時の仲間のひとりが、自分の娘に『いずみ』と名前を付けたのも納得。

女の子なら、彼女のように育って欲しいと誰もが思うはず。

誰からも慕われる、そんな素敵な女性。

かつて函館に住んでいた4年半は、これまでの人生の中で最も充実した、楽しい時間だった。

今でもあの頃を思い出すと、懐かしくて涙が出そうになる。

そんな楽しい4年半になったのは、彼女のおかげ。

ポールと私の出会いの頃から、すべてを知っている彼女。

修羅場も知っているだけに、私たちが結婚したことを知ったときに、一番驚いて、そして一番喜んでくれたのは彼女だと思う。

私とポールの人生に欠かせない存在のいずみさん。

「沖縄の、南国の空気が自分に合っている」と笑顔で語る彼女。

沖縄に咲くハイビスカスのように可憐で、同性から見ても可愛い女性。

そんないずみさんに本当に会えて良かった。

とっても短い時間だったけど、以前と変わらない彼女の笑顔を見て、たくさん元気をもらえた。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

『吉衛門』参上

バブーが階段の上から恐る恐る見下ろしている相手。

超暴れん坊の吉衛門。

バブーはお友達になりたくて視線を送ってるだけなのに、吉衛門は違う。

最初から、かなりの戦闘モード。

怖くなって階段を走り降り、私のところに逃げてきたバブーに睨みをきかせて、

「おら、おら、なんだ、てめぇ、やるか?!」

くるりと踵を返し、何事もなかったかのように、立ち去ろうとする超ビビりの後姿。

ある程度離れたら、今度は草むらに身を隠して息を潜め、気配を消そうと試みる。

さっきまでの元気の良さはどこへやら。

バブーに相手が務まるわけがない。

わんこ仲間の間で噂の吉衛門。

朝のお散歩わんこたちのところに、吉衛門が登場すると空気が一変。

楽しい幼稚園が、激しい戦闘地域に変わる。

それをわかっている飼い主さんは、絶対に吉衛門のリードをはずしたりしない。

そんな吉衛門の友達になりたくてたまらないバブー。

相手にしてもらえるわけないのに。。。

小心者の癖に好奇心旺盛で、とにかく無茶をする。

そんなところが私にそっくり。

こんなバブーを見るたびに、もしかして私と血が繋がってるんじゃないかという錯覚にとらわれる今日この頃。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

北国から沖縄へ

「みんな知ってた?飼い主さんは、今、梅雨明けの沖縄にいるんだよ」。

ポールとバブーを残し、金曜日から、2泊3日の沖縄出張中。

沖縄は初めて、かつ、毎日30度超えの世界に行くなんて、マジでやばい。

飼い主さんは、きっと溶けて無くなっちゃうに違いない。

ということで、そんな飼い主さんが、沖縄にいても携帯を見て清涼感を味わえるよう、2月に撮った雪球だらけのバブーの写真をアップ。

今より、ちょっと幼いの。。。

「沖縄は遠いな~。eri-pon、早く帰って来ないかな」。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

君に薔薇薔薇・・・という感じ

去年ポールが庭に植えた薔薇が、今年も綺麗に咲いた。

太陽に向かって咲く、深紅の薔薇は圧倒的な美しさ。

年齢がバレるけど、薔薇を見ていると、俊ちゃんの『君に薔薇薔薇・・・という感じ』という曲をなぜか思い出してしまった。

「君は薔薇薔薇、ハートは赤い薔薇。

憎いまつげに街中ゆれている。

こんな気持ち、はじめてだよ。

僕はすっかり薔薇薔薇。

君にとっても薔薇薔薇。

・・・という感じさ!」。

う~ん、実に・・・意味不明。

当時はこういう単純な曲が売れていた。

この曲がヒットしたのは、1982年。

なんと今から25年前。

っていうことは、最近の新入社員が生まれたのは、「君に薔薇薔薇・・・」がヒットした後ってこと?!

ありえん。。。

薔薇の美しさは時を越えて変わらないけれど、時代は変わった。

オリンピックのフィギュア・スケートで日本人が金メダルを取る日が来るなんて思ってもいなかった。

まして、ミスユニバース世界大会で、日本人が優勝する日が来るなんて!

日本女性も美しくなったものだとつくづく。

いまや、堂々と世界基準に出て行けるレベル。

25年といえば、四半世紀。。。

時代は変わった。

美の基準が変わったのか、日本人が美しくなったのか・・・。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

札幌で一番好きなパスタ

とにかく大のヌードル好き。

パスタはもちろん、ラーメンもそばもうどんも、フォーもビーフンも、ヌードル系はなんでも好き。

出張先や旅行先でも、麺類ばかり食べてるような気がする。

福岡の屋台ではじめて食べた『焼きラーメン』は忘れられない味。

おいしい麺類を食べるためなら、九州だろうとベトナムだろうと、どこにでも飛んで行きたい気分。

それくらい大好き。

中でもパスタは、昼も夜も、かなり高頻度。

札幌中のいろんなパスタを、おいしいと言われるお店で食べてきた。

プチ自慢だけど、本場のイタリアでも食べまくってきた。

でも、一番好きなパスタは、実は高級レストランでも、有名イタリアンでもなく、デパ地下にある。

札幌の老舗デパート、丸井今井の地下2階にあるパスタハウス『Ciao(チャオ)』(←詳細は店名をクリック)。

ここの『アマトリチャーナ』が私のイチオシ。

トマトとベーコンとたまねぎ、ガーリックが程よくマッチしていて美味なうえ、細めんとゆで加減もばっちり私好み。

ちょっと大げさだけど、私にとってのパスタの理想形が凝縮されてる感じ。

もう、何年食べ続けてるかわからないほど、大好き。

ほとんど単品でオーダーして、これしか食べない。

ゆっくり、しっかり、味わいたい一品。

いろいろなパスタが並んでいるけど、『チャオ』では絶対浮気はしない。

サラダや飲み物がついたお得なランチセットがあっても迷わない。

デパートの地下2階の奥の奥、しかもトイレの隣という、立地的にもどうなの?って感じのお店だけど、侮る無かれ。

その気取らなさがちょうどいい。

店内は、買い物中のご夫婦や親子、または一人で食事をしている女性が多い。

平日のランチタイムはもちろん、休日の買い物中にお腹がすいて、おそばっていうのもなんだか味気ないし、かといってハンバーガーっていうわけにも行かないな~って時には、ここしかない。

札幌に住んでる人なら知らない人はいない丸井今井。

チャオの『アマトリチャーナ』を是非!

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!

『sereno』

昼も夜も外食が多くて、カロリー高めな私の食生活に比べ、日々の三食ほとんどを自宅でサンドイッチを食べて過ごしているポール。

いくらサンドイッチが好きとはいえ、妻の私には、どうしてもそれが軽食にしか思えず、さすがに気になる。

たまには、外食してみるのもいいんじゃない?ってことで、

ずっと前から気になっていた家の近くの欧風料理屋さん『sereno(セレーノ)』(←詳細は店名をクリック。札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10Y’sシティビル1階)へ。

もしかしたら、料金的に結構高いかも?と思いつつ、今まで入ったことがなかったこのお店。

入ってみると店内はこのとおり。

とっても庶民的なレストラン。

テーブルの上にティッシュの箱が置いてあるあたり、イタリア料理の定食屋さんといった感じ。

フィリピンのミンダナオ出身のシェフ・エリックさんと、そのお母さんが営むとっても家庭的なお店。

外国人同士とあって、ポールにも優しく親しげにいろいろ話してくれて、すっかりくつろぎモード。

手書きのメニューも味があってよし。

ポールは、牛ランプステーキを。

私は、ローストポークの欧風カレーをオーダー。

リーズナブルな割にボリュームたっぷりで、お肉も柔らかくって、めちゃウマ!!

2人で顔を見合わせて、『Good!!』

お店を出ると、ポールが、

「このお店には、また絶対来ようね」。

ポールがこんな風にいうのは極めて稀なこと。

相当気に入ったらしい。

店内は、常連さんと思われるお客さんがいっぱい。

ご近所だけに、今後のヘビー・ローテーションは間違いなし。

もっと早く行っていれば良かった。

平岸界隈で、食事する場所をお探しの方は、是非!

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!