「目に怪我」ショック

昨日の朝も、いつものように元気に走り回って、お友達のわんこたちと遊んでいたバブー。

好奇心旺盛なバブーは、どんなに大きなわんこでもまったく平気。

遊んで欲しくって、すぐに近寄っていっては、ちょっかいを出す。

そして、あまりにしつこいので、「ワンッ!」って思いっきり叱られて、半べそかきながら戻ってくる。

昨日も、そんな小心者の癖に大胆な行動をとるバブーを面白おかしく眺めていた。

吠えられても、吠えられても、近寄っていく。

「超」のつく、やんちゃ娘。

何度も追いかけられて、慌てて逃げては、すぐ転ぶ。

朝露に塗れた芝生の上を何度も転げ回って、顔も体もどろんこだらけ。

いつもと変わらず、元気だった。

そう、元気にお散歩を終えて家に帰ってきた。

それは確かに見届けた。

なのに、その数時間後、私が外出し、ポールが起きてきたときには、バブーの左目が開かない状態になっていたらしい。

夜、帰宅して、ポールにその話を聞いた私は、もう大パニック。

目を開けようとするけど、どうしても痛くて目があけられない様子。

時々、手で掻いたりして、見てるだけでつらい。

朝、わんこ同士で激しく遊んでいたとき、わんこパンチを受けていたような気はするけど、特に叫び声をあげたり、鳴くことは一切なかった。

お散歩中に草やゴミが目に入ったのかもしれないし、家の中に、バブーにとっては、ばい菌や劇薬となる何かがあったのかもしれない。

もしかしたら、蚊に刺されたのかもしれない。

考えられるケースはいろいろあるけど、原因は、わからない。

「大丈夫だよ、目に炎症を起こしてるみたいだけど、痛くはないみたいだから。今日は時間がなかったけど、明日必ず病院に連れていくから大丈夫。わんこにはよくあることだよ。たいしたことないって」って、ポールはいうけど、心配症の私は、深夜にも関わらず、救急病院に連れて行こうと大騒ぎ。

バブーの可愛い『お目め』が開かなくなって、失明でもしたら大変!!

普段は想像力のかけらもない癖に、こういう時だけ、やたらと想像力が豊かになる私。

最悪のケースを想定してすったもんだのあげく、私の心配をよそに、いつもと変わらず、すやすや眠りはじめたバブーを見て、ようやく安心。

ポールが言うように、痛みがないなら、病院は明日でもきっと大丈夫。

そして、今朝のバブー。

痛々しい。

ぜんぜん目が開いてない。

心なしか、目の周りが腫れてるような気がする。

そして、バブーの世話をポールに託し、仕事を終えて帰ってきて、ようやく対面。

まだちょっとしょぼついてるけど、目がちゃんと開いてる。

可愛い真ん丸お目めに戻ってる。

よかった。本当によかった。。。

先生に診てもらったところ、目の表面に3mmのキズがあったのだとか。

深くないから、3日もすれば治るとのこと。

抗生物質をもらって、目薬を入れてもらって、そのあとすぐに目が開けられるようになったのだそう。

明日、もう一度、再検査のため病院へ。

動物のお医者さま、本当にありがとう。

今回の「目に怪我」事件だけで、こんなに大騒ぎ。

バブーに何かあったら、心臓発作で死ぬかも。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『いつもポケットにデジカメ』もどうぞよろしく!