ウィーン『魅惑のカフェ』

ヨーロッパの人々の暮らしに欠かせないカフェ。

街を歩けば、至る所で優雅に時をすごす人たちを見かける。

おしゃべりに夢中の人、ただひたすら読書に耽っている人。。。

喧騒の中にいるのに、まるで、自分の家のリビングでくつろいでいるかのように、それぞれの人が独自の雰囲気を作り、楽しんでいる・・・、そんな気がする。

日本の喫茶店でよく見られるような、行くところがなくて時間をつぶしているような風情はまるでなし。

あえて、一人の時間を楽しむために、カフェに来ている・・・、そんな余裕がうらやましい。

ウィーンには、1700軒ほどのカフェがあると言われていて、その歴史も相当なもの。

その歴史ゆえ、『ザッハー』や『デーメル』など、ウィーンに行ったことがない人でも知っている有名カフェも数多い。

今回のウィーン滞在中、行きたいカフェはたくさんあったけれど、限られた時間、見たいところがたくさんあって、なかなかゆっくりお茶するという気分にはなれない。

でも、どうしても行きたいカフェが一軒だけあった。

それは、『ゲルストナー KHM』。

ウィーン美術史美術館の2階にある、知る人ぞ知るカフェ。

正面入り口の階段を上ったところに、そのカフェはある。

カフェを覆うドーム全体に施された繊細なレリーフ。

ただ、その空間にいるだけで、もう、もうもう、なんともいえない優雅な気分。

頭上を見上げれば、

足元に目をやれば、

目線の高さは、

とにかく、全方位どこを見ても、豪華絢爛。

「雰囲気のみならず、味も折り紙付き」、と言われるスィーツを食べながら、しばしうっとり。

その後の観光、ヨーロッパの長い夜に向けて、フル・チャージ。

美術には造詣が深いわけでもないのに、このカフェに入りたいがためだけに、美術館の入館料として10ユーロ=1,700円を払わなければならなかったのは痛かったけど、その価値、絶対あり。

ウィーン観光の際には、是非!

思わずため息が出るほどの、まさに『魅惑のカフェ』。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、今回の旅の写真を更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“ウィーン『魅惑のカフェ』” への4件の返信

  1. ステキですね~(>_<) 行ってみたくなりました。 そして生クリームも…すっすごいですね(笑) いつも楽しみにしてます♪これからもがんばって下さい!!

  2. >ななさん
    本当に素敵でしたよ~。
    とにかくうっとり。
    そう、生クリームも半端な量じゃないんです。まさに泡地獄。
    日本人にはちょっと多すぎ。
    ケーキは、2人で一個くらいがちょうどいい感じです。
    これからもがんばりますので、遊びに来てくださいね!

  3. ヨーロッパのたび報告にワクワクしています。
    私もウィーン、ザルツブルグにいきましたよ!
    ウィーンは物価が高くてびっくり!でも、高級感のある素敵な街でしたよね。ザッハトルテの発祥のカフェに行ったけれど、これまた高くてザッハトルテは断念した記憶があります。
    ERIPONさんの1700円もかなり痛いですよね。
    でも、おいしそう!ユーロパスでヨーロッパゆっくり回りたくなります。
    お金と時間がほしいです~。

  4. >yukarinさんへ
    ウィーン、本当に高級感がありました!
    どこもかしこも、さすが!って感じ。
    華やかで気品があって。。。
    私が現地で出会ったのはほとんどが観光客とはいえ、住んでいる人々の美意識も高く、街を愛する思いもかなり深い!
    とにかく感動しました。
    お金と時間があれば・・・まさにそこですよね。
    私も今年、大奮発してしまったので、完全なる赤字。
    ヨーロッパの夏は、特に旅行代金が高い。
    お金に代えられない良さがあるとはいえ、かなりの痛手であることも事実。
    宝くじでもあたんないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です